twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

ジャンヌだけの「モディリアーニ神話」

モディリアーニの死の瞬間から「神話」が始まり、妻ジャンヌの死がその「神話」を揺るぎないものにしました。色々な逸話や伝説が創られ、彼の絵は何百倍にも高騰しました。しかし、ジャンヌにとってはモディとの思い...

試し読みを開く

変身カフカは女だった…(ぼくの恋をダメにしたのは何?)

ある朝、目が覚めるとカフカは身体だけ「女」に変身していた。「女」として日ごと衰弱していくカフカはそれでも女を愛し女に愛され、ただひたすら奇妙な話を書き続けた。 最後はむごたらしく死んでいくカフカのそば...

この本を開く

女たちの恋愛バトル(消去されたシャガールの妻)

女性依存の強かったシャガールの履歴に、なぜか一時期、女性の姿が封印された7年間が存在した。その真実をめぐって二人の女が壮絶なバトルを繰り広げる。愛人だった女性と新たに妻となった女性との間で…

この本を開く

ヴァン・ゴッホの失恋モノローグ

ゴッホはなぜ画家になったのか?若い頃、画商や教師や牧師になろうとしたが、いずれもダメだった。画家になったのはそうした挫折体験があったからと言われる。しかし、もっともっと大きく深刻な挫折体験があったのだ...

この本を開く

ピカソ…やっぱりあいつは悪魔だった(恋人ドラのラブレター)

ピカソが愛した女たちの多くが悲惨な人生を送ったのは何故だろう。中でも、知的なドラ・マールは、「泣く女」としてボロ屑のように捨てられ、やがて独り貧しく亡くなった。31億円以上ものピカソ作品を売却もせず放...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。