twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

機械仕掛けのカンパネラ

お父さんを殺した男を殺すんだ、七海のこの手で——。淡い月明かりに照らされた静謐な夜、父親が惨殺された。幼い七海は復讐を誓う。父親の親友で七海の親代わりとなった拓海とともに。

この本を開く

誰がために鼓動は高鳴る

陽菜は生まれつき心臓に欠陥を抱えていたため、学校にも行けず、友達もできず、家族にさえ持て余される有り様で、いつしか生きることをあきらめるようになっていた。しかし——。

この本を開く

青い炎

今日、僕は同時にふたつの失恋をした——。もともと叶うことのない想いだった。にもかかわらず、胸の内で静かな激情の炎を燃やし続けてきた。これからもこの想いを燻らせていくのだろう。仲睦まじい二人を誰よりも近...

この本を開く

いつか恋になる

好きです、私とつきあってください——捜査一課の刑事である南野誠一は、事件で関わった少女にいきなりそう告白された。滅多にお目にかかれないほどの美少女で、素直でかわいらしい性格だと好感も持っているが、つき...

この本を開く

Andante - アンダンテ -

彼女から寄せられる好意を煩わしいとしか思わなかった。彼女の想いに応えるつもりはなかった。なのに、いつしか少しずつ距離が縮まっていて——。

この本を開く

ボーダーライン

最初に好きになったのは隣の席の美少女だった。しかし、彼女と瓜二つの双子の兄に報復でキスされて以降、彼のことばかりが気になるようになり——。

この本を開く

東京ラビリンス

双子の兄妹である遥と澪は、17歳の誕生日、ある突拍子もないことを祖父に命じられる。それは、かつて世間を騒がせた絵画泥棒・怪盗ファントムの後継者となることだった。■完結しました。■第0話を一部修正しまし...

この本を開く

遠くの光に踵を上げて

アカデミーに通う18歳の少年と10歳の少女の、出会いから始まる物語。少年は、まだ幼いその少女に出会うまで敗北を知らなかった。名門ラグランジェ家に生まれた少女は、自分の存在を認めさせるため、誰にも負ける...

この本を開く

ピンクローズ - Pink Rose -

王宮医師のラウルは、ある日、父親に手を引かれて歩く小さな少女を見て驚く。彼女のあどけない笑顔には、かつて助けられなかった大切な少女の面影があった。

この本を開く

明日に咲く花

ユールベルは魔導科学技術研究所で実習生として働き始めたが、先輩のジョシュの態度はあからさまに刺々しく冷たい。その理由がわからず悩んでいたところへ、同じフロアのレイモンドが馴れ馴れしく声をかけてきて——...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。