twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

如夜叉

 見かけが美しくやさしそうでいて、その実心の内が残忍であることを仏教ではこれを「外面如菩薩内心如夜叉」と言う。 彫刻師西山三峯老人がある会合に出た後、酔いを醒ますのに歩いて家に帰る途中道に迷い、ある家...

試し読みを開く

鉄仮面

黒岩涙香の翻案小説「鉄仮面」の現代語訳、可憐で貞淑な女性バンダを中心に、30年間も鉄仮面は誰かを問い続け、救出のために奮闘・苦闘する仲間の物語、読み出すと、きっと最後まで読みたくなると思います。

試し読みを開く

白髪鬼

 黒岩涙香の白髪鬼の現代語訳、イタリアの歴史ある貴族、羅馬内家の若き後継者、波漂・羅馬内(ハピョ・ローマナイ)は親友の貧しい画家魏堂(ギドウ)を兄弟のように思い、信頼して家にも自由に出入りをさせていた...

試し読みを開く

野の花  前篇  

黒岩涙香の「野の花」の現代語訳 イギリスの片田舎に育った美しい娘澄子が、貴族の跡継ぎである冽(たけし)に見初められて、身分の違いを心配しながらも、熱意に負け、結婚したが、心配していた通り、身分の違いを...

試し読みを開く

野の花  後篇

 子供を置いて出奔したが、途中で鉄道事故があり、連れていた侍女が事故死し、事故死した侍女が澄子と思われ、澄子は死んだことになる。だが数年後、どうしても子供に会いたくなり、名前、姿を変えていた澄子は、瀬...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。