twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

愛、心のふるさと

ふるさとと言えば、大抵の人は生まれ故郷を思い浮かべます。自分が生まれて育ったところ、あの山、あの川、懐かしい場所として、ふるさとを心に思い起こす人も多いでしょう。懐かしい場所とともに、懐かしい顔も浮か...

試し読みを開く

愛 あなたは愛です

私達人間は、自分の本当の姿を知りません。私達人間は、今、目に見える肉体という形を指して、それが自分達だと思 い込んでいます。その思いは非常に強いです。(この思いを、本書では「肉」と 表現しています。)...

試し読みを開く

楽しくつながり自由に生きる

2011年3月11日の東北の災禍は、これまで我々が前提にしてきた価値観を根底から否定した。それはお金を中心におく生き方、個人の幸せを一番大事にする生き方では世の中は治まらないという教えであった。では、...

この本を開く

リチャード・コックスと平山常陳事件

17世紀初頭、オランダ・イギリスは、ともに狭い平戸のなかで対日貿易のための商館を運営していた。このためお互いを商売敵として意識し、何かにつけ衝突する有様。それが英国商館長コックスの悩みの種でもあった。...

試し読みを開く

植物との対話

この本は「マオじぃの結(ゆい)」シリーズ、第2作目です。電子図書の他、紙版も全ページカラーで平行してつくられています。 著者の佐藤眞生さんは言います。「2013年、野菜づくりをはじめてから17年目。野...

試し読みを開く

足るを知る

昭和四十(一九六五)年までの日本にはムラの生活共同体が機能していた。そこでは各家庭でなんらかの自給自足が行われ、その過不足を補う贈答の習慣があり、ムラとしての共同作業があり、結(ユイ)という助け合いが...

試し読みを開く

野草天ぷら

 世の中は葉を中心にまわっているといわれます。よく見ると「葉」という字は「草」と「木」の間に「世」と書きます。野草をはじめ植物は、根から水を、葉から二酸化炭素と太陽光をとりいれ、葉緑体で光合成を行って...

試し読みを開く

母なる宇宙とともに(新版)

 2007年に、『母なる宇宙とともにⅠ』、『母なる宇宙とともにⅡ』を出版させていただいてから、早いもので6年の年月が経ちました。 最近になって、ⅠとⅡを合本させてはどうかというお話をいただきましたので...

試し読みを開く

意識の旅路

 著者は、アメリカのロサンゼルスに住むジェニー・ライという女性です。彼女は日本語も分からないまま田池留吉という日本人と出会いました。出会った当時、田池氏は大阪府立高校の校長職を退職されたばかりの頃でし...

試し読みを開く

その人、田池留吉2 -田池留吉の世界「自然治癒力」-

 私達は、ある日突然、病気それも大変な病気だという厳しい現実を突き付けられれば、ある時期、落ち込み、そして、嘆いて悲しむということはあるでしょう。色々と考えて、気持ちの整理がつきかねるといって、苦しみ...
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。