twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

万世一系の父親

京都盆地の盛夏、寝苦しい熱帯夜、カップルの愛の巣が、唐突に襲撃される。憎悪の痕跡がコンクリートの床スラブに深々と印されていた・・・犯人が残した不可解な金属片とは?玲子の耳に残る犯人の叫び声とは?女刑事...

この本を開く

刑事達の出張

久し振りの東京出張。捜査一課一係のスタッフに刑事部長を加え、4人の会話が中央リニア新幹線のボックス席に拡がる。本庁での会議のテーマと、日本の鉄道の話題、お金と格差の話が、高速移動する列車の車内で醸成さ...

この本を開く

杜の都で私を愛して

丹波の鉄道トンネルで起こった銃撃事件、自殺か他殺か。暗闇の底に蠢く昆虫、車両を分譲するJRの思惑、それを連結編成して走り廻る鉄道マニア。そこには哀しい父娘愛と、引き裂かれた恋愛があった、地底の墓標に何...

この本を開く

カップルは、何度でも復活する。

黒木玲子が京都府警に復帰する、再び女刑事カップルの活躍が始まる。―――――そして今回、新しいレギュラーも加わって、空飛ぶ白バイ隊と共に、京都宇治川の巨大ダム決壊の危機に挑戦する。

この本を開く

ネコ、踏んじゃった!

女刑事の白い体を致死率100%の病が責め続ける。女医の決断とパートナーの覚悟とが、女の首を遮断する。人生最大の危機に瀕し、崖っぷちに追い詰められた女刑事に、仲間たちの祈りは届くか・・・命は還って来るか...

この本を開く

玻璃の先で刺激して!

未明に京都北山山中で起きたM5.8の地震、震源から照射された謎の中性子ビーム、有名な北山杉の産地に伝承される不思議な現象の数々。人々の信仰の背後に潜む深い闇に、女刑事カップルが挑む。

この本を開く

穴見性教育

京都山科駅近く、花盛りの週末に “穴見愁子” の部屋を訪れたカップル。女医の話す人の性とウイルスとの拘わりに関する少々卑猥な説明に、旺盛な興味を発露しながら、3女子の賑やかな掛け合いが時を忘れて何時ま...

この本を開く

御親の記憶は儚くも・・・ただ逢いたくて。

スイスの女性数学者を警護することになったカップル。新幹線の微睡の中に、玲子の幼少の微かな記憶が甦って・・・御親の肌の温もりを手繰ろうともがく、縋るもののない女刑事の奮闘。

この本を開く

奥寺核講義

京都府警察刑事部科学捜査研究所 “奥寺 淳” による、核銃弾に関する解説。府警大講堂に警察官約500名を集めて行われた為、後に奥寺核講義と称されるようになった。警察という巨大組織の存続に、大きな影響を...

この本を開く

丹波山、霧氷に寄せ合う肌も凍てつき・・・・。

京都の北西、山上に拡がる巨大ショッピングモールの残影。閉店した広大な店舗は、其処に住みついた多くの家族たちにとって、眼下の世界と隔絶する山上のエルドラドであった。自立して社会との拘わりを絶とうとする家...
« 前のページ 1 2 3 4 5
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。