twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

泥棒トカゲと不思議なスイカ

庭でスイカ畑を営んでいるおばあさんのところに、ある日オオトカゲが遊びに来ました。おばあさんはこのトカゲのことをとても気に入って、毎日スイカを分けてやるようになりました。ところが、スイカの味を占めてしま...

試し読みを開く

いまごろわたしの蝶は

気まぐれに会社を休んだわたしが向かったのは、虫をモチーフにした風変りな美術展だった。そこで声をかけてきた「昆虫標本愛好家」を名乗る男は、なぜか妙にわたしに執着してきて……?ちょっぴり背筋の凍る表題作の...

試し読みを開く

クラムボンと眠りのひみつ

タコクラゲのクラムボンが海に浮いていると、頭上から七色にかがやくウロコが落ちてきました。見上げると、ちょうど人魚が通り過ぎていくところでした。初めて目にする人魚のうつくしさにすっかり心を奪われたクラム...

試し読みを開く

ふえる、×××

学校に友だちのいない聡くんは、放課後を家の裏の砂浜で過ごしてした。そこにはいつもメイちゃんという名の不思議な少女が待っている。海が好きなのに水に濡れることを過度に避け、水分補給さえ拒絶する彼女の正体は...

試し読みを開く

個性の砂

やけに狭い視界、砂を詰め込んだように重たい手足。窓に映った自分の姿を見て、主人公は制服と間違えて着ぐるみを着てきてしまったことに気がついた。しかし、先生を含めて周りの人間たちは着ぐるみのことにいっさい...

試し読みを開く

エラー

競馬で万馬券を当てた男は、立ち飲み屋で酔った帰りに、せっかく手に入れた札束を落としてしまう。すぐに引き返して来た道を探し回ったが、すでに誰かに拾われてしまったのか見つからなかった。落胆して帰宅した男は...

試し読みを開く

女の抜け殻

薬屋の倅・葉次は、父の遣いで訪れた町で、いつものように女をひっかけようとしていた。そこへ、「何も聞かずに一晩匿ってほしい」という女が声をかけてくる。訝しむ葉次だったが、下心に負けてあっさり女を受け入れ...

試し読みを開く

脱皮彼女

恋人の美和(みわ)がクローゼットに鍵をかけていることを不審に思った千景(ちかげ)は、ある日、合鍵を使って彼女に不意打ちを食らわせる。そこで千景は脱皮中の彼女を目撃してしまい……!?(原稿用紙約8枚)※...

試し読みを開く

なにか見える

同じ学生用アパートに住む中村から突然呼び出された山田。「ちょっと付き合ってくれないか」と言われるままついていった結果、なぜか夜の公園で空を見上げる羽目になる。「流星群でも見れるのか?」焦れた山田がそう...

試し読みを開く

ねむれ、ねむれ

三年前に別れて以来、道で会えば互いに視線をそらして無視を決め込む程度の付き合いを続けていた元彼から、突然SOSのメッセージが入った。どうやら「ハガヤバイ」らしい。緊急事態だと感じたわたしは、とりあえず...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。