twitterアカウントでログイン

お気に入りの本

この本を開く

私は思い出す

考えるウマシカ 第二十五回より

この本を開く

考えるウマシカ~第二十回 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』と『さくら』 前編~

考えるウマシカ~第二十回 『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』と『さくら』 前編~ クソ食うハエも好きずきです。

この本を開く

ぞうのれにちゃん

とある動物園のむらさきのぞうのれにちゃんが初めてなやんでみつけたなにか。。。大切な仲間と大切なひとのために贈るものがたりです。

この本を開く

ダメな男は、いつでも、ハードボイルド

ありふれた二十代の男は何を考えて生きているのだろうか?まるで特別ではない人間の2013年の日記。29才崖っぷちの平凡な男の大したことのないつぶやきと日々の雑感、一覧。まるで無料というのが本当に似つかわ...

この本を開く

しのぶれど

「彼が、畑の向こうにある空家に越してきたのは、春のうららかな日のことだった――(中略)もっとも特筆すべきは、顔だった。左半分がケロイドのようになって、赤い盛り上がりがそこを覆っている。火傷か何かなのか...

この本を開く

批評・啓蒙・プロパガンダ      黒岩涙香と萬朝報の時代

現代のテレビ・新聞などにおいて見られる腐敗した政府プロパガンダの手口は、すでに明治に確立されていた――。戦争とジャーナリズムの在り方、日露戦争・大逆事件と作家たちとの関係など、黒岩涙香と「萬朝報」の時...

この本を開く

セレンディピティー

石渡さんの部屋は、存外男っぽい匂いがした。というと語弊があるかもしれない。正確には、女っぽい匂いはそこまでしなかった。乾燥した、冬の日差しが埃をかぶってそのまま封じられたような匂いだ、と、言おうと思い...

この本を開く

鬼とかぐや姫

神戸新聞文芸欄投稿作品です。「賽の河原の悲喜劇は冗談の域におさまっていない」と物議を醸して落選した問題作です。

この本を開く

映画に宛てたラブレター2012

2012年に私が映画館で鑑賞した映画のレビュー集完成版です。8,700閲覧突破しました.(2018/7/19)各作品5点満点の採点付き。なお、映画の感想、採点はあくまで私の独断と偏見によりますのでご了...

この本を開く

考えるウマシカ集 第一回~第五十二回

更新日:2019-04-07最新回:第五十四回~『メロン牧場』とつまらない~ 元祖ウマとシカの放し飼い牧場。※連載内容をいっぺんに読めるよう掲載します。※※『人工知能の夢』は章を追加して、別の電子書籍...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7