twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

月曜日の憂鬱in『考るうウマシカ番外編』

弦楽器イルカさん発行連載往復書簡「考えるウマシカ」の第50回目に文芸小説を掲載していただきました。※このページから弦楽器イルカさんのページにジャンプします。

この本を開く

エアメイル

幻冬舎コミックス発行「初恋にさようなら」のその後です。修司が恵那宛てに手紙を書きました。

この本を開く

ハウス

おじいちゃんをなくした『僕』は同居人を探していた。ステンドグラスを作りながら。犬のアンジェラと話しながら。そんな中出会ったナツオとの、くすっと笑えて、ちょっと切ない、日々の小さな物語。※2011年に発...

この本を開く

カフェ サルビア

第五回目更新しました。『歴史的大敗の日に』今回で一応完成です。

この本を開く

kow 071

オパーリンさん発行『月刊オパーリン王国』に小説を執筆させて頂きました。詳しくは本誌をご覧下さいませ。

この本を開く

海月

吉井+私+海+月=くらげ

この本を開く

忘執の作家に巣食う『妄執の作家たち』

第一回パブーエッセイコンテスト参加作品です。影響の語源は三省堂『新明解国語辞典』によります。2012年3月18日発行

この本を開く

紫煙の戯れ

「男なんか、みんな死んでしまえばいいのよ」動物的な匂いの紫煙を吐く女、ヤン。ヤンの開くシガレットケースに記憶を揺さぶられる男、国見。これは現実なのか、夢なのか。一体その問いに、どんな意味があるのだろう...

この本を開く

デッサン

私の父は鳩の糞が原因で死んだ。私は生きている自分を見つめなおす為に、つぶさに自分の体を触った。まるでデッサンをする画家のように。外国が舞台です。よろしければ読み終わった後にボサノバの「manha de...

この本を開く

水曜日、朝七時。

すきなおとこのひとに朝抱かれるのは、悲しい。
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。