twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

ラブホテル物語 たくき よしみつ短編集2

長い間眠っていた、たくき よしみつ未発表の異色短編連作。初公開。 ラブホテル──それは世界中どこにでもあるというものではないらしい。 欧米では、日本の特徴的文化・風俗の一つとしてラブホテルが紹介される...

試し読みを開く

世にも哀しい物語 たくき よしみつ短編集1

90年代に、たくき よしみつが「小説すばる」「青春と読書」などに発表した短編+未発表短編を合計8編収録。

試し読みを開く

神様の課外授業 たくき よしみつ短編集3

たくき よしみつ独特の世界観が浮き彫りになった異色のファンタジー短編、中編を4編まとめて。

試し読みを開く

ポチの耳、私の髪

たくき よしみつ 1996年執筆の未発表作品。筒井康隆氏(氏はたくきが第四回小説新潮新人賞の候補になったときの選考委員でもある)の断筆宣言への「作品での訴え」として書かれた『目の不自由なヘビ』などを作...

試し読みを開く

呪禁(じゅごん) 上巻

『カムナの調合』の後、『黒い林檎』の前(1998年頃)に執筆した未発表長編。ディープなたくきファンからは「一番好き」と評されることもある。日本列島を原発震災が実際に襲った今、この作品に込められたテーマ...

試し読みを開く

呪禁(じゅごん) 下巻

たくき よしみつの傑作長編ホラーファンタジー『呪禁(じゅごん)』の下巻。

この本を開く

G線上の悪魔 (上巻)

クラシック音楽界に渦巻く陰謀と欲望を横軸に、天才美女バイオリニストの周囲で起きる謎の事件をたどっていくと……。1996年発表の「音楽ミステリー」。謎解きよりも、人間模様や「芸術とは何か?」というテーマ...

試し読みを開く

G線上の悪魔 (下巻)

音楽と人間の心を扱ったミステリー『G線上の悪魔』の下巻。まずは無料版の上巻からどうぞ。

この本を開く

内藤慶雲物語

川崎を代表する石工・内藤慶雲の作品を写真で紹介しながら、溝の口・内藤石材店 vs 登戸・吉澤石材店 のライバル関係や、慶雲銘の狛犬がなぜあまりにも作風や出来不出来にばらつきがあったのかの謎を勝手に大胆...

この本を開く

オルカのため息

1995年に翔泳社より刊行された音楽小説三部作『グレイの鍵盤』の第一部。
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。