◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

阿武隈梁山泊外伝

2011年3月の原発爆発時に福島第一原発(イチエフ)から25kmの川内村に暮らしていた作家・たくき よしみつが、全村避難中の村(当時は「緊急時避難準備区域」)に戻って生活を再開しながら書いた『裸のフク...

試し読みを開く

数字と確率で実感する「フクシマ」

『裸のフクシマ』、『3.11後を生きるきみたちへ 福島からのメッセージ』の著者 たくき よしみつ による「フクシマ」シリーズの第3弾。実は、今この程度で済んでいたのは奇跡的な幸運に恵まれた結果だったと...

試し読みを開く

神様Aはベジタリアンだった ─あなたの知らない創世記─

たくき よしみつが『マリアの父親』で小説すばる新人賞を受賞するずっと前、31歳のときに書いた作品。『ざ・びゃいぶる』というタイトルで第四回小説新潮新人賞最終候補作となったが、受賞は逃した。人類はどのよ...

試し読みを開く

新・マリアの父親(縦書きバージョン)

1991年第四回「小説すばる新人賞」受賞作品『マリアの父親』(たくき よしみつ)の改訂新版。福島原発人災が起きる20年以上前に書かれたこの作品は、原子力エネルギー問題をエントロピー論で考えるという視点...

試し読みを開く

『鐸の音流るる丘に』 第二章

たくき よしみつ が1988年、33歳のときに書いていた異色ファンタジー作品(約100枚)の後編。縄文時代末期の日本列島が舞台。銅鐸をめぐる謎が解き明かされる。原発人災で弱り行く現在の日本を予感させる...

この本を開く

『鐸の音流るる丘に』 第一章

四半世紀を経て、仕事場天井裏から発掘された たくき よしみつ の未発表小説原稿。『マリアの父親』で第四回「小説すばる新人賞」を受賞する2年前の1988年執筆。『マリアの父親』は原発やエネルギー問題を扱...

試し読みを開く

デジカメの肝(8)

朝日新聞be土曜版で好評連載されていた『デジカメのキモ』の電子ブック版。新聞の小さく粗い写真では分からなかった細かなニュアンスが、ディスプレイ上に美しく甦ります。撮影データなども補足されています。全8...

試し読みを開く

デジカメの肝(7)

朝日新聞be土曜版で好評連載されていた『デジカメのキモ』の電子ブック版。新聞の小さく粗い写真では分からなかった細かなニュアンスが、ディスプレイ上に美しく甦ります。撮影データなども補足されています。第1...

試し読みを開く

デジカメの肝(6)

朝日新聞be土曜版で好評連載されていた『デジカメのキモ』の電子ブック版。新聞の小さく粗い写真では分からなかった細かなニュアンスが、ディスプレイ上に美しく甦ります。撮影データなども補足されています。第1...

試し読みを開く

新版 神の鑿(のみ) 3

小松利平、小松寅吉、小林和平。江戸時代から昭和まで、南福島の地で展開された天才的な石工3人のドラマ。好評だった『神の鑿』(第1版~第4版)を一旦白紙に戻し、完全書き下ろしでの改定新版をまずは電子書籍で...
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。