twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

イマジネーション小説(書き出し小説)

別名《書き出し小説》、1作品数行で画像付きなのでパッと読めます♪読み手の方々のイマジネーションで様々な物語を創造していただけます^^

この本を開く

バースデイ・イヴ~天使はキミを利用し、そして愛した~

書店で働く涼子は、一人娘の七海を育てながら『夢を諦めた』生活をしていた。 ある日、涼子の元に差出人不明の速達が届く。直後にやって来た刑事によって、その封書は国家を揺るがす事件に発展しかねないと説明され...

この本を開く

あきらめてきた想いを叶えたい

2012年、私の父は脳腫瘍で亡くなりました。「余命を楽しもう」そう決めて過ごした10か月間の記録です。

この本を開く

たなひま、這い上がる為に模索中

たなひまこと、たなかひまわりです。私はしょっちゅう悩みます。脱力感半端ないです。立ち直っては、また新しい悩みにどっぷりはまります。無限ループです。でも、その時々で必ず救いはあるものですね。その救いにな...

この本を開く

あなたのお話、何でも聞きます。

傾聴サービスの仕事をしている主人公、白石のところには、毎日「心に重たい荷物」を持った人達が電話をしてくる。誰にも言えないことを打ち明けてくるのだが、白石のところに集まってくる客は、少々変わった利用の仕...

この本を開く

おかえり。

光は様々な物をすべて視界に映し出すと思っていた。だが、明るいが故に見えないものもある。周囲の状況に惑わされて見失っていたものに、私はあの日、ようやく気が付いた……。陶芸好きの里奈と、人好き料理好きのカ...

この本を開く

なくした鍵であけられたもの

十七歳の絢那(あやな)は、親友の香里と学校帰りにサイクリングロードを歩いていた。彼氏である魁(かい)の話をしている最中、体に異変を感じて倒れてしまう。病院のベッドで目覚めた絢那は、救急車を呼んでくれた...

この本を開く

それは逃げのような気がする

詩です。全15作。

この本を開く

女心をわし掴みにする方法

ちょいアダルト載せますのでご注意ください。これはフィクションです。表題の他、短編小説を掲載しています。

この本を開く

恋するキミへ

「キミ」は文字通り相手の事だったり、自分のことだったり。
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。