twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

『邪馬台三国志』天照大御神(ヒミコ)と素戔嗚尊/神武天皇と日本武尊

〜乱世を鎮めた英傑たちの生涯〜倭奴国王朝六代女系天神・天之尾羽張神(向津姫の母か祖母)の御代、即ち伊奘諾政権期の一八〇年代に、東の副都を治める皇太子(向津姫の婿養子)が三輪オロチ族と組んで反乱した。伊...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』記紀と倭人伝の正しい解釈/邪馬台国盛衰記

古代史の常識や通説を歴史的観点から検証していくと、戦前に信じて疑うことのなかった「皇統万世一系」も、戦後に教えられた「倭では、都市国家規模の百余国が分立していた」も、「記紀」や「倭人伝」にある記述の解...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』古代史の常識と通説を疑え

司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。古...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰物語

司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。『...

試し読みを開く

邪馬台(やまと)三国志 (全)

司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。古...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』ダイジェスト版

 司馬遷の信念に従い、記紀など資料、中国史書、内外の伝承、神社の縁起、地名の由来を織り交ぜながら、倭奴国と邪馬台国の生い立ち、互いに覇権を争いあった歴史、その末に大和朝廷が成った歴史を物語化しました。...

試し読みを開く

『邪馬台三国志』倭奴国と邪馬台国の栄枯盛衰(短縮編)

 古代史を検証していくと、学校で教わったことも、常識・通説とされることも間違いだらけと分かります。邪馬台国の歴史がとんと解明できない原因は、ここにあります。一から、考え直す以外にありません。この信念の...

試し読みを開く

新ヤマト・出雲・邪馬台の三国志(上)

ヤマト(九州)は東海以西を治めていたが、二世紀末、大和の三輪氏が邪馬台を建て反乱した。ヤマトは敗れ日向に遷った。天照大御神は日向から大和に遷座して女王に立ち、日向王朝と対立する。三世紀末、神武は邪馬台...

試し読みを開く

新ヤマト・出雲・邪馬台の三国志(下)

天照大御神は日向から大和に遷座して女王に立ち、日向王朝と対立する。三世紀末、神武は邪馬台を討ち大和朝廷を開く。この物語中で、桜井茶臼山古墳が四世紀初めの古墳だと主張。ズバリ的中しました。

試し読みを開く

『邪馬台三国志』戦わずして勝った英雄列伝

孫子曰く、「百戦百勝は善の善なるものにあらず。戦わずして敵兵を屈服させるのが善の善なるものなり。故に、上兵は謀を伐つ」〜素戔嗚尊の大蛇(邪馬台国王、オロチの天照大神親子)退治/高皇産霊の葦原中つ国平定...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。