twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

陰の流れ 愛洲移香斎 第一部 陰流天狗勝

愛洲移香斎は新陰流を開いた上泉伊勢守の師匠です。応仁の乱を体験した若き移香斎が、強くなければ生きていけないと剣の修行に励み、さまざまな人たちの出会いによって成長して行きます。「第一部、陰流天狗勝」は移...

試し読みを開く

陰の流れ 愛洲移香斎 第二部 赤松政則

「第二部、赤松政則」は妻と子をさらわれた太郎(愛洲移香斎)が、妻子を救い出すために播磨の国に行き、そこでの活躍を描きます。太郎の命を狙う山伏の阿修羅坊。嘉吉の変にまつわる謎の言葉の意味するものは? 飄...

試し読みを開く

陰の流れ 愛洲移香斎 第三部 本願寺蓮如

「第三部、本願寺蓮如」は愛洲移香斎の師匠、風眼坊が昔の仲間だった火乱坊に誘われて加賀の国へと行き、本願寺の法主である蓮如上人と出会い、本願寺の最初の一揆に巻き込まれて活躍する話です。加賀の国を奪い合っ...

試し読みを開く

陰の流れ 愛洲移香斎 第四部 早雲登場

武士の世界に嫌気がさして、禅僧になって旅に出た早雲(伊勢新九郎)は、妹が嫁いだ駿河の国に腰を落ち着け、気楽に暮らしていました。ところが、今川家の家督争いに巻き込まれてしまいます。妹が産んだ竜王丸に今川...

試し読みを開く

沖縄二高女看護隊 チーコの青春

沖縄県立第二高等女学校は琉球松の生い茂っていた松尾山の高台の上にありました。白壁の美しい近代的な二階建て校舎だったようです。昭和19年10月10日、突然の大空襲で那覇の街は焼け野原と化し、二高女の校舎...

試し読みを開く

戦国草津温泉記 湯本善太夫

今よみがえる四百五十年前の草津温泉。時は戦国、乱世を生き抜いた男の夢と女の愛。南から小田原の北条氏康が、北から越後の上杉謙信が、西から甲斐の武田信玄が、虎視眈々と上野の国を狙って攻め込んで来た時、草津...

試し読みを開く

戦国草津温泉記 湯本三郎右衛門

草津の領主湯本善太夫の跡継ぎになった三郎右衛門は山伏、東光坊に連れられて諸国修行の旅に出ます。北条氏康の本拠地、小田原を見て、上杉謙信の本拠地、越後府中を見て、武田信玄の本拠地、甲府も見て、京都では上...

試し読みを開く

天明三年浅間大焼 鎌原村大変日記

天明3年(1783)旧暦の7月、群馬県と長野県の県境にある浅間山が大噴火を起こしました。大量の火山灰を吹き上げて、軽井沢では2メートルもの灰や焼石が積もって家々は潰れ、江戸でも昼間に提燈が必要な程、暗...

試し読みを開く

藤吉郎伝 若き日の豊臣秀吉

木下藤吉郎と名乗っていた若き日の豊臣秀吉が織田信長に仕官するまでの話です。記憶にない実の父親像を追いながら、サムライになりたいと夢見る藤吉郎が、蜂須賀小六、生駒八右衛門、松下佐右衛門、おきた観音、おハ...

試し読みを開く

時は今… 石川五右衛門伝

織田信長が殺された本能寺の変を盗賊の石川五右衛門を主役にして書いてみました。父親の仇討ちを誓う双子の混血娘マリアとジュリア、安土城の黄金を狙う雑賀孫一、信長暗殺をたくらむ伊賀の忍び新堂の小太郎と北条の...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。