◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

竜の飼い方教えます06

「最初は親父がつくった人口生命体の出来損ないと思われる物体だった」颯太が鳥猫に会いに行けない理由を兄の繰太に説明すべく、颯太と太一は今の満月村を案内する。そして、村を壊滅させた地震の原因が明かされる。...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます05

「待て!待て!繰太さん殺す気か!?」気を失った繰太とともに颯太のもとに訪れた太一。繰太の暴走を解くには彼が持つ火の御霊「ホタル」についての記憶を取り戻す必要がある。颯太は繰太に荒治療を施すことにした。...

試し読みを開く

もぐもぐ季

「四季折々を経てここへやってきた食材たち …ありがとう」移り変わる気候とともに季節の食べ物を味わう。一年間の食卓を綴りながら駆け抜ける漫画歳時記。食がテーマのエッセイ「もぐもぐ」シリーズの電子書籍化第...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます04

「侏儒たちの御霊は強力です。それが暴走したら…」2年前の侏儒の移住を機に東都には集団性広域魔法陣が布陣された。術が解けた瞬間に起きる術的反動(バックマジック)を太一は恐れたが、折しも繰太の暴走に遭遇。...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます03

「『必ず迎えに行く。それまで待ってろ』って颯太が言うたのじゃ」2年前に満月村を全壊させた大地震で鳥猫と別かれた颯太。村跡に立ち寄った土雲繰太(つちぐもくるた)はその颯太の手がかりを発見。東都で待つ鳥猫...

試し読みを開く

きんぎょすくい

「いかん、暑すぎる… 金魚が煮えてまう」停めていた自転車のハンドルに金魚入りのビニール袋がぶらさげられていた。それが金魚を飼い、金魚たちと向き合う生活のはじまりだった。金魚の飼育を通して自然に対する人...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます02

「青田沼先生!実技は外でやれと何度言ったら分かるんだ!」講師をしつつ竜を研究を続ける「魔法使い」の青田沼太一。実体化した精霊「御霊(おんたま)」を使う技術を持つ亜人類「侏儒」の鳥猫。人々との関わりの中...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます01

「ーほう。こやつ犬ではないぞ」満月村出身の侏儒族「魚民鳥猫(うおたみとりねこ)」が雨の日に道端で出会ったのは飛竜(ワイバーン)の幼獣であった。「空」と名付けた竜の子は「芸」に励む鳥猫の日常に彩りを加え...

試し読みを開く

映画空館

「すみません 学生を一枚ください。」かつては当たり前だった飲食持ち込み、立見、リピートの見放題。シネコンが全盛の現在は3D映画が台頭し、4Dシアターも現れた。「映画館という空間」のそんな変遷を思い出や...

試し読みを開く

食べ物漫画の舞台裏

モチーフを観察し、かみくだき、味わう「まさか10年も描き続けるなんて思わなかったよ」。気になるレシピを描き散らかしたメモをどうにかしてまとめるために本にしたのがはじまりだった。食べ物というモチーフは楽...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。