twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

竜の飼い方教えます11

「事ム局員をなめるなあぁぁぁぁ…」宗一郎と春華が東都を離れたことを知った上級院事務局長の平公平(たいらこうへい)は大慌てで二人を追ってきた。一方、満月村の子どもの颯太は東都から来た二人の術士が気になり...

試し読みを開く

こころに残る困った旅ではじまる探検

「甘い?いや…ちがう フルーティー…??あれ??もっと…こう…えっと 何だ?」思わぬ事故で幕開けとなった2度目の北海道旅行。そして訪れたニッカのウヰスキー蒸留所。そこは知らなかった世界の探検への入り口...

試し読みを開く

もぐもぐ旅

「行ってみないと本当にわからないもので、行ってみるとまた行きたくなる。」大阪、南紀白浜、北九州・小倉、江ノ島、北海道。旅先で出会った食べ物についてつづる旅食漫画。食がテーマのエッセイ「もぐもぐ」シリー...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます10

「俺たちはとんでもない最終兵器を押し付けられた?」雷太には初対面では「使えないもやし野郎」にしか思えなかった宗一郎だったが、とんでもない。御霊も陣も附も使わずに自在に要素の力を操る宗一郎に驚く雷太は彼...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます09

「今まで何人も派遣されてきたけど…こんな奴はいなかった」太一の父、青田沼宗一郎が救助員として満月村を訪れたのは20年前だった。彼の案内役を引き受けた雷太はこれまで来た形ばかりの救助員とは違う言動の宗一...

試し読みを開く

ねこと

「元気なのが一番エライんよ 長生きしてねー」毎日のことだけどほっとする飼い猫との大好きな時間。 しかし、日常はいつか変化する。2017年に作者が猫と出会い、猫とお別れをして、そして新たにお迎えした経緯...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます08

「あんなぐちゃぐちゃな所に颯太はおる」満月村に踏み入らず帰ってきた鳥猫。颯太と繰太は鳥猫がゲートをくぐって来ていたことに気づくが…。異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます07

「満月村は我の帰るべき場所なのじゃ」颯太に会い鳥猫はゲートを通じて満月村に向かう。一方、満月村で環(たまき)との交流を試みる繰太だが…。異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジー...

試し読みを開く

ずいぶんとおくにきたもんだ

「描くべきと思ったから描き始めていた」字が読めるようになる前の幼少から漫画と親しみ、絵を描きはじめた作者。手探りで歩んだ漫画描きの半生を振り返る自伝的エッセイ漫画。2018年2月のCOMITIA123...

試し読みを開く

小部屋の住人

私は小部屋を持っている。私は小部屋の住人が大好きだ 。大好きだから秘密にしておきたい。大好きだから見せたい時もある。様々な生態の可愛い空想動物たちを中心に描くイラスト画集。2018年2月のCOMITI...
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。