twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

竜の飼い方教えます08

「あんなぐちゃぐちゃな所に颯太はおる」満月村に踏み入らず帰ってきた鳥猫。颯太と繰太は鳥猫がゲートをくぐって来ていたことに気づくが…。異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます07

「満月村は我の帰るべき場所なのじゃ」颯太に会い鳥猫はゲートを通じて満月村に向かう。一方、満月村で環(たまき)との交流を試みる繰太だが…。異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジー...

試し読みを開く

ずいぶんとおくにきたもんだ

「描くべきと思ったから描き始めていた」字が読めるようになる前の幼少から漫画と親しみ、絵を描きはじめた作者。手探りで歩んだ漫画描きの半生を振り返る自伝的エッセイ漫画。2018年2月のCOMITIA123...

試し読みを開く

小部屋の住人

私は小部屋を持っている。私は小部屋の住人が大好きだ 。大好きだから秘密にしておきたい。大好きだから見せたい時もある。様々な生態の可愛い空想動物たちを中心に描くイラスト画集。2018年2月のCOMITI...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます06

「最初は親父がつくった人口生命体の出来損ないと思われる物体だった」颯太が鳥猫に会いに行けない理由を兄の繰太に説明すべく、颯太と太一は今の満月村を案内する。そして、村を壊滅させた地震の原因が明かされる。...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます05

「待て!待て!繰太さん殺す気か!?」気を失った繰太とともに颯太のもとに訪れた太一。繰太の暴走を解くには彼が持つ火の御霊「ホタル」についての記憶を取り戻す必要がある。颯太は繰太に荒治療を施すことにした。...

試し読みを開く

もぐもぐ季

「四季折々を経てここへやってきた食材たち …ありがとう」移り変わる気候とともに季節の食べ物を味わう。一年間の食卓を綴りながら駆け抜ける漫画歳時記。食がテーマのエッセイ「もぐもぐ」シリーズの電子書籍化第...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます04

「侏儒たちの御霊は強力です。それが暴走したら…」2年前の侏儒の移住を機に東都には集団性広域魔法陣が布陣された。術が解けた瞬間に起きる術的反動(バックマジック)を太一は恐れたが、折しも繰太の暴走に遭遇。...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます03

「『必ず迎えに行く。それまで待ってろ』って颯太が言うたのじゃ」2年前に満月村を全壊させた大地震で鳥猫と別かれた颯太。村跡に立ち寄った土雲繰太(つちぐもくるた)はその颯太の手がかりを発見。東都で待つ鳥猫...

試し読みを開く

きんぎょすくい

「いかん、暑すぎる… 金魚が煮えてまう」停めていた自転車のハンドルに金魚入りのビニール袋がぶらさげられていた。それが金魚を飼い、金魚たちと向き合う生活のはじまりだった。金魚の飼育を通して自然に対する人...
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。