twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

となりのひと

「見知らぬお隣さんよ…」全然知らない人なのに隣にいるという縁。いろいろ気にもなるが、しょせん隣にいただけの縁。たまたま隣にいた人たちが見せる人間模様を綴るテーマ・エッセイ漫画。2019年5月のCOMI...

試し読みを開く

電話手紙

「携帯がなかった頃ってさー どうしてたんだろう」携帯世代の女子高生の生徒たちが投げかけてきた疑問。答えていくうちに電話と手紙にまつわる思い出が次々と呼び覚まされる。作者の学生時代の通信手段について語る...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます13

「侏儒を人として迎えるか兵器として廃棄するか」春華と公平の両親は侏儒の孤児を収容する施設の職員だった。二人は雷太に自分たちと侏儒との関わり、そして半月村ついて語る。異形の人々や魔法が入り混じった日常空...

試し読みを開く

もぐもぐ卵

「なんだろう?卵? どうやって作ったのかな?」身近でシンプルなたまご。それは手間や工夫をつめこめる奥深い栄養のかたまり。たまごという食材と向き合い、振り返り、追求したたまご料理漫画。食がテーマのエッセ...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます12

「引力の卵がある限り僕は生かされる命に囚われる 」MC(ムーンチャイルド)である自分は侏儒と同じくに造りものの命だと明かす宗一郎。公平は満月村で自分が何をなすべきか気づく。そして春華は雷太に自分と宗...

試し読みを開く

たびのごはん

「うちらさーここに来てから野菜喰ってないよね」かばんにお米と缶詰めつめこんで2泊3日の合宿にでかけた。しかし、迷い込んだのは食の迷路だった。旅を通して知る日常の食事、旅によって出会えた新しい食材。「旅...

試し読みを開く

火を使う

「先生 ライターってどうやって使うんですかー?」生活の中に火があった。しかし、時代は変わった。燃える炎を目にすることは少なくなった。作者の火にまつわる思い出と火への想いを綴るテーマ・エッセイ漫画。20...

試し読みを開く

竜の飼い方教えます11

「事ム局員をなめるなあぁぁぁぁ…」宗一郎と春華が東都を離れたことを知った上級院事務局長の平公平(たいらこうへい)は大慌てで二人を追ってきた。一方、満月村の子どもの颯太は東都から来た二人の術士が気になり...

試し読みを開く

こころに残る困った旅ではじまる探検

「甘い?いや…ちがう フルーティー…??あれ??もっと…こう…えっと 何だ?」思わぬ事故で幕開けとなった2度目の北海道旅行。そして訪れたニッカのウヰスキー蒸留所。そこは知らなかった世界の探検への入り口...

試し読みを開く

もぐもぐ旅

「行ってみないと本当にわからないもので、行ってみるとまた行きたくなる。」大阪、南紀白浜、北九州・小倉、江ノ島、北海道。旅先で出会った食べ物についてつづる旅食漫画。食がテーマのエッセイ「もぐもぐ」シリー...
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。