twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

物語の中の先

昔の知り合いに無理矢理渡された本。とりあえず読んでみると――――――

この本を開く

ちーちゃん

叔母の看病のため、母親の実家に行く事になったが、そこは携帯電話も繋がらない場所で――――奇妙な世界に迷い込んでしまった。

この本を開く

交差点 【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。

この本を開く

カメラの向こう 【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。

この本を開く

月 【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。※投稿してから、文字数オーバーに気づきました。

この本を開く

魔女のお料理

『電撃文庫MAGAZINE』Vol.58の「イラスト×ストーリー」に掲載されている、もかろーるさんのイラストを見て、書きたくなったので書きました。

この本を開く

箱【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。

この本を開く

エレベーター

乗り込んだエレベーターが変な方向に勝手に動き出す。勝手に降ろされる人々。その先には――――

この本を開く

魔法のスプーン【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。

この本を開く

公務員勇者御一行様

 突如現れた魔王城。それに立ち向かうのは、やっぱり公務員の仕事。 税金もらって戦います。
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。