twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

心の歌を奏でて

 久しぶりに帰った逢稀村。 懐かしいそこで、俺――トオルと幼馴染のキヨカは、封印されていた〝蟲〟を解放してしまった。 世界を滅ぼすとされる〝蟲〟。 世界の異変を知った神の能力者たち。 そんな人たちの支...

この本を開く

避けれるか、バカ

壁ドン

この本を開く

少女を誘う

子どもを捜している夫婦とすれ違った。それから数日後、奇妙な少女を見かけた。さらに経った頃、大きな地震があった。

この本を開く

レジスタンス・ミッション

体の一部を機械化することが当たり前となっていた。それでも純粋に生身でいようとする人々は、迫害を受け思想犯として収監されていた。そんな中、生身の体で機械に立ち向かうレジスタンスが存在していた。

この本を開く

居酒屋幽霊

居酒屋で怪談話をしていると、視線を感じる。そこには女の子の姿が――――

この本を開く

物語の中の先

昔の知り合いに無理矢理渡された本。とりあえず読んでみると――――――

この本を開く

ちーちゃん

叔母の看病のため、母親の実家に行く事になったが、そこは携帯電話も繋がらない場所で――――奇妙な世界に迷い込んでしまった。

この本を開く

交差点 【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。

この本を開く

カメラの向こう 【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。

この本を開く

月 【月の文学館】

インターネットラジオ『月の音色~radio for your pleasuretomorrow~』内の投稿コーナー『月の文学館』に投稿した作品。※投稿してから、文字数オーバーに気づきました。
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。