twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

むつのはな

“少女”と“処女”はひともじ違い。その“う”はきっと“羽”のう――羽を得てもがいた少女はいつの間にか大人になっていた。その羽が落ちた先にあった仕事中、乗っていた車が男を引いてしまう。そこから始まるあら...

この本を開く

破璃の降る降る そのあいだ

いつまでも高校時代の傷を引きずっている青年、夏。毎日への漠然とした不安を抱えている少女、青。叔父と姪であるふたりはほんの数日を共にし、互いに何かを考える。暑い夏の日、夕立のバス停で。そこはいつも誰かの...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。