twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

堕ちる天使 2

《君が空から微笑みながら堕ちていくのを、僕は見つめた。》薬物中毒におかされた女と、《私》。渋谷の高台のマンションの一室、身を寄せ合うように生きるしかないふたりが見出す、愛と破綻と死。…そして、僕たちは...

この本を開く

silence for a flower

《…ブーゲンビリアの花々の下に、微笑む君を見つめていた。》異国、熱帯の町ダナンで生活する日本人の《私》の家にある朝忍び込んだ《盗賊》。まるで少女のように華奢で美しいその少年と、《私》のふれあい、あるい...

この本を開く

それら花々は恍惚をさえ曝さない ①

《咲き乱れるブーゲンビリアの下に、壊されていく君を見た。》異国、熱帯の町ダナンで生活する日本人の《私》。ブーゲンビリアの花が咲き乱れる《私》のうちに、ある日忍び込んだ《盗賊》の美少年と、彼に従う野蛮な...

この本を開く

それら花々は恍惚をさえ曝さない ②

《咲き乱れるブーゲンビリアの下に、壊されていく君を見た。》異国、熱帯の町ダナンで生活する日本人の《私》。ブーゲンビリアの花が咲き乱れる《私》のうちに、ある日忍び込んだ《盗賊》の美少年と、彼に従う野蛮な...

この本を開く

紫色のブルレスケ ①

《わたしには、未来が見える。》ベトナム、熱帯の町ダナン。ブーゲンビリアの花が咲き乱れる家にすむある少女がかさねた禁じられた愛のいくつかの記憶。近親者との、少女同士の、あるいはトランスジェンダーの少年と...

この本を開く

紫色のブルレスケ ②

《ただ喚き散らすだけのわたしの声など、だれも聴かない。》ベトナム、熱帯の町ダナン。ブーゲンビリアの花が咲き乱れる家の庭には、ある知的障害を抱えた女《トゥイ》の声が響く。褐色の肌の少女はその弟の愛に答え...

この本を開く

紫色のブルレスケ ③

《そしてあなたはみずから両眼を抉り取る》ベトナム、熱帯の町ダナン。ブーゲンビリアの花が咲き乱れる家に育った褐色の少女の禁じられた恋愛。弟との、あるいは同性の友人との、そしてトランスジェンダーの少年との...

この本を開く

わたしを描く女 ①

《きみの眼差しの前で、私は素肌を曝した》90年代の東京、歌舞伎町。猥雑な気配を撒き散らしていた眠らない街に闊歩するホストたち。同性愛と、犯罪と、そして、現れた不思議なチャイニーズ・マイフィアに、まだ見...

この本を開く

わたしを描く女 ②

《きみの眼差しの前で、私は素肌を曝した》90年代の東京、歌舞伎町。猥雑な気配を撒き散らしていた眠らない街に闊歩するホストたち。同性愛と、犯罪と、そして、現れた不思議なチャイニーズ・マイフィアに、まだ見...

この本を開く

わたしを描く女 ③

《きみの眼差しの前で、私は素肌を曝した》90年代の東京、歌舞伎町。猥雑な気配を撒き散らしていた眠らない街に闊歩するホストたち。同性愛と、犯罪と、そして、現れた不思議なチャイニーズ・マイフィアに、まだ見...
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。