twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

あるいは傷、としての短編。そしてその集合

…同性愛、異性愛、禁じられた、公認の、それら、さまざまな愛のかたち。愛することは何なのか、さまざまなそのかたちを、描く短編集。《世界。…この、あまりにも穢らしい、増殖する細胞と分子の集合体たちの、穢れ...

この本を開く

アルフレート・シュニトケ、その色彩

《…光には、温度がある。皮膚が、それを知っていた。》連作《シュニトケ、その色彩》最終話。異国の地、ベトナムで生活する《私》の目に触れたもの。光、風、そして…詩的なイメージをちりばめた掌編

この本を開く

シュニトケ、その色彩 下

《なぜ、あなたはすべてを破壊してしまったの?》ベトナム、中部の町、ダナン市で起こった一家惨殺事件。その真相とは?だれが、なぜ、そして、どうして彼らは死んでしまわなければならなかったのか?密約する少女た...

この本を開く

シュニトケ、その色彩 中 三帖

《私は、未来のすべてを知っている》ベトナム、中部の町、ダナン市。未来が見えるという謎めいた少女が予言する未来。そして、日本。外国人だらけの《右翼集団》が国会議事堂を占拠する。勃発するクーデター。男装の...

この本を開く

龍声

《いま、わかったぞ…殉死というこっとの意味が…》連作《シュニトケ、その色彩》インテルメッツォ男装の麗人が組織した外国人だらけの《右翼部隊》山中の合宿で起こる事件、奏でられる龍笛疾走するモーターサイクル...

この本を開く

シュニトケ、その色彩 中 二帖

《世界を、血に染めてみないか?》外国人ばかりの非合法右翼部隊。血まみれの粛清。退廃を極めた女。そして男装の麗人が暴力団組織を解体する…連作《シュニトケ、その色彩》第五編

この本を開く

brown suger

《僕が教えてあげる。この世界の美しさ、そのすべてを》ベトナム、中部の町ダナン。日本から来た、日本生まれのフィリピン人の少女と、行き場のないベトナム人少年の恋。疾走する少年盗賊団の犯罪。人種差別といじめ...

この本を開く

シュニトケ、その色彩 中 一帖

《人を殺した事がありますか?…その男は、そう言った。》ベトナム中部、亜熱帯の町、ダナン。ある少女の両親が遂げる焼身自殺。日本、ある中国人が組織した外人ばかりの《右翼部隊》。暗躍する男装の女。その首謀者...

この本を開く

盗賊

《彼女は静かに涙する。わたしは、無言で眼をそらす…》ベトナム、中部の町ダナン。亜熱帯の太陽の下、その光。同性愛の記憶と、ある、退廃的な女との一日。あらゆる倫理の崩壊した風景の中で、錯綜するさまざまな言...

この本を開く

シュニトケ、その色彩 上

《わたしは、破壊する。…そう、彼女は言った。》ベトナム、中部の町ダナン。亜熱帯の太陽の下で、ある一家が惨殺された。犯人はその末っ子の少年らしいが…退廃的な日本人女が哄笑し、中国人マフィアは外国人右翼部...
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。