twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

蜘蛛を操る女

官能小説家のわたしは、閉じ込めていた二十六年前の妄想を思い起こされ、再び青春を取り戻そうとするが、背後には死神が待機していた。

この本を開く

夫婦

「見極め」「結婚記念日」の二つからなる短編。一気に読めます。

試し読みを開く

舞い戻った過去

息子登樹雄は快楽死か自虐死か。おぞましくも悲痛な出来事は封印されていたが、父省吾は再会した刑事により、娘千紘はホクロある人形により否応泣なく、その記憶を呼び戻される。

試し読みを開く

乾いた眼

愛人として過ごした母のしめくくりは貫愛か復讐か。娘有佳は母を理解できたのか。一体、有佳の父親はどちらなのか。さまざまなからくりに踊らされます。

試し読みを開く

期限つき 

テーマに沿って、主人公が引き継ぎ、話しが続いていく。しめくくりには意外な展開が待ち受けていた。

この本を開く

逃げ場

不倫相手の卑怯さを悟り、偶然に出会った婦人の生き方を知り、自分の選択はこれしかなかった。

試し読みを開く

未知しるべ

香典詐欺を繰り返す勇治が、最後の仕事と向かった先に、驚くべき事実と出くわした。
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。