twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

桜の森の満開の下 坂口安吾/Raptor

満開の桜の森、女の美しさ、山の生活、都会の生活、孤独と退屈…。読み手の想像力をかき立て様々な解釈を可能にする、安吾からの挑戦状。果たして男は永遠の孤独世界を手に入れたのか?-桜の森の満開の下の秘密は誰...

この本を開く

走れメロス 太宰治/Raptor

太宰治31歳(1940年)の作品。現代人に失われつつある「信じる心」を力強い筆致で描く。-間に合う、間に合わぬは問題ではないのだ。 人の命も問題ではないのだ。 私は、なんだか、もっと恐ろしく大きい...

この本を開く

羅生門 芥川龍之介/Raptor

芥川龍之介が東京帝国大学在学中に雑誌「帝国文学」へ発表した作品。極限状態における人間のエゴイズムを克明に描き出す。-己もそうしなければ、餓死をする体なのだ。

この本を開く

蜘蛛の糸 芥川龍之介/Raptor

芥川龍之介の児童向け短編。児童向け雑誌「赤い鳥」創刊号に発表された。「新技巧派」芥川龍之介の洗練された無駄のない文章が味わえる。

この本を開く

山月記

格調高い文章を綴り、将来を期待されるも早逝した中島敦のデビュー作。かつての秀才であり、官職を辞し詩人として名を成そうとした李徴。挫折と屈辱を経て虎になった彼は何を思う…。-理由も分らずに押付けられたも...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。