twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

companio vol.7

創作×ご飯の合同誌companio[カンパニオ]の2017年秋号です。

この本を開く

companio vol.6

創作×ご飯の電子雑誌、companio(カンパニオ)の2017年夏号です。参加者様、ゲスト参加含め随時募集中です。

この本を開く

companio vol.5

創作×ご飯の電子雑誌、カンパニオの2017年春号です。カンパニオは今回で創刊一周年!ありがとうございます!これからも随時参加者様募集中ですので、ぜひお気軽に中の人までご連絡ください!

この本を開く

companio vol.4

ご飯×創作雑誌【カンパニオ】の冬号です。次号、一周年記念誌!カンパニオは随時参加者様募集中です。一回の参加でも、続けての参加でもお気軽にお声がけください!

この本を開く

Companio val.3

創作×ご飯の電子雑誌【companio】のvol.3です。季刊で年四回の発行を目指しています。参加者さんが増えました(歓喜のポーズ)

試し読みを開く

権利

「これから死ぬから取材してほしい」責任に登場した三文文屋、小松康隆がいじめ被害者である飛澤早希の復讐に手を貸す話。

試し読みを開く

送り火

「死ぬことにしたんだ」佐藤宏太にそう切り出されて、私は思わず吹き出した。懐かしいフレーズだった。「やっと?」揶揄するように言うと、宏太は眉を下げてはにかんだ。典型的な、しかし年齢の割に濃い影をまとった...

この本を開く

companio vol.2

創作×ご飯の電子雑誌【companio】のvol.2です。季刊で年四回の発行を目指しています。ゲスト参加者来てください(懇願

試し読みを開く

宿木

連続殺人犯である少年・藤平秋士と自称小説家である南良木泰光の交流。男性同性愛表現(性描写あり)と残酷表現・犯罪表現がメインになります。含まれるどころの話ではありません。特に同性愛表現については前戯から...

この本を開く

companio vol.1

創作×ご飯の電子雑誌【companio】創刊!季刊で年四回の発行を目指しています!
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。