twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

Gier

ある日わたしの前に現れた青年は、背筋も凍るほど美しかった。この恐ろしいほどに美しい青年をわたしは見たことがある…いつの事だろう。そもそも彼を一目見て、忘れてしまうことなど出来るのだろうか?わたしの思い...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。