twitterとfacebookアカウントでログイン

お気に入りの本

この本を開く

二階のつきあたりの部屋

二階の奥の暗い部屋に飼われている、いやらしいインコたち。狂った兄の寵愛を受けて、この家を不幸にする、不吉な鳥たちの群れ。闇に舞い上がる羽、羽、羽。そこは怖ろしい黄緑色の王国でした。わたしはどうしても、...

この本を開く

インキュナブラⅠ INCUNABULA『干し首』

幻想奇譚集『インキュナブラ』。その公表へのいきさつと代理人Grasshouseによる「序」、および、短編群の中の一編『干し首』。前世紀のある年の晩春、われわれの同人誌に、「廃屋のシェヘラザード、シビラ...

この本を開く

「終末」の終わり、「ルネッサンス」の始まり  

ネットではすでに旬を過ぎてしまった話題かも知れませんが、『THRIVE』(スライブ)についてのエッセイです。フォスター・ギャンブル氏の提唱する循環型コミュニティと、90年の歴史を持つ日本型農業コミュニ...

この本を開く

四月に降る夢

弦楽器イルカの集大成として、厚かましくもほどほどにお届けいたします。ありがとうございました。(『月オパ』連載、「四月に見る夢」改題)初出:2012-08-27

この本を開く

たったひとりのアポロ13

ついに11,000閲覧突破(2017/9/7)元住宅営業マンのうつ病患者自身が書き下ろした初の本格小説。アマミヤユキトはインテリアコーディネーターの資格を持つ、一流ハウスメーカーの営業マン。彼の職場は...

この本を開く

紫煙の戯れ

「男なんか、みんな死んでしまえばいいのよ」動物的な匂いの紫煙を吐く女、ヤン。ヤンの開くシガレットケースに記憶を揺さぶられる男、国見。これは現実なのか、夢なのか。一体その問いに、どんな意味があるのだろう...

この本を開く

福島は殺せない ―私に影響を与えた1冊―

縦横無尽な似ッ非イです。それなりによろしくお願いします。過去にあったパブーのコンテスト投稿作品です。初出:2012-02-18

この本を開く

お前、悩んでんだろ?

オパーリンさん責任編集の月刊誌で、お悩み相談コーナー始めました。よろしければ立ち寄ってみてください。企画趣旨:悩み多き(と勝手に判断した)芸能人等のお悩みを、(頼まれてもいないのに)自称伝道師※が愛情...

この本を開く

核の子どもたちはみな  ・その他の断片

何も終わっていない、ただ続いています。(表紙画像:仙台市 三神峯公園 2011年 元旦頃)#2011年12月 キモチチャリティ(気持ちはチャリティを忘れませんように)参加#初出:2011-06-29

この本を開く

T京K芸大学マンガ学科一期生による大学四年間をマンガで棒に振るルポマンガ

卒業制作で描いたマンガです。文字が読みづらい場合下記URLからご覧下さい↓http://www.pixiv.net/member.php?id=247456
« 前のページ 1 2