twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

告知 「月オパ」の月刊一時休止と移行のお知らせ

読者の皆様、お久しぶりです。まずはじめに、ここ数カ月、「月刊オパーリン王国」の刊行が滞ってしまっていることをお詫び申し上げます。現在、編集長・オパーリンの個人的事情(大学院卒業の為、研究にいそしまなけ...

この本を開く

月刊オパーリン王国 2012年5・6月合併号

皆様、お待たせいたしました。執筆・編集が遅れに遅れ、遂に二月分を合わせた合併号としてお届けすることになってしまいました。でもその分、内容はガッツリ充実しております。はい、これは自信を持って断言します。...

この本を開く

月刊 オパーリン王国 2012年4月号

遅ればせながら、月オパ4月号を刊行いたします。楽しみに待ってくれていた読者の皆さん、お待たせしました。イヤー、金欠でネットが止まってしまっていてね。申し訳ありませんでした。今月号も全存在を賭けて作成し...

この本を開く

東町健太エッセイ集1『バカが吼える!』

 最後の無頼派、とかよく自認しちゃう作家の方がいらっしゃいますが、そういった時点でもうそれは無頼じゃないんじゃないかな。あまねく物を懐疑し、吼えてかかる。それだけが彼のすべきことであり、せずにはいられ...

この本を開く

月刊 オパーリン王国 2012年 3月号

 ほんの思いつきで始めたこの雑誌も、いよいよ本号で創刊半年になりました。いやぁ感慨深い。また、期間だけじゃなく内容の方も、毎号毎号何かと新企画を始めたり、新しい執筆者に記事を寄稿してもらったり、充実こ...

この本を開く

夢風船の君、現実のママン

連載中の作品が未だ書き終わらないまま、一本書き上げてしまいました。この作品は第四回筑波学生文芸賞に出品しました。結果は一次選考落選でした。ショックですね。がしかし、へこたれはしても、しつこくしつこく書...

この本を開く

灰色ネオン

第三回筑波学生文芸賞応募作品。最終選考で落選。 あらすじ 土浦桜町、歓楽街のネオンの隣には川が流れている。その川の土手に佇んでいた「僕」に声をかけてきた風俗嬢「レミさん」。レミさんと僕、唐突な出会い、...

この本を開く

第三回筑波学生文芸賞応募作品。一次選考で落選した。~内容~ ある夜突然、無為の青年「僕」の部屋に「神」と名乗るおっさんが現れ、「お前の望みをなんでも叶えてやろう。」と言う。そして、訳も分からずに戸惑...

この本を開く

働きアリは何を思う

第二回筑波学生文芸賞応募作品。最終選考にて落選。僕の処女小説。内容人生モラトリアムまっ盛りの大学生の悶々。

この本を開く

月刊 オパーリン王国 2012年 2月号

本号で創刊第五号を迎えた月オパ。「ルポ」、「論評」など、新コーナーを増設しました。目下、作成中の3月号で創刊半年になりますね。いやー、感慨深い。ともあれ、まずは、この2月号をお楽しみください。
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。