◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

連弾/独唱

〈これは、2番目に心細かった夜のできごとだ〉短篇2篇を収録。これから引っ越す人も、かつて引っ越した経験のある人も、いつか引っ越す人も、ご一読いただけると嬉しいです。

この本を開く

手品師たち

〈最後の日、寛司が披露した手品は、一〇枚の写真だった。観客であるはずの僕も指名を受けて舞台に引っ張り上げられた。〉 中山智幸のパブー短篇第3弾。ある男性と義理の弟の、交わるような、交わらないような時間...

この本を開く

頭を打ったのは七つのときだった

〈アインシュタインは時間の流れも人それぞれと見抜いたけど、実際のところ、なにもかもが人それぞれだ。〉  中山智幸のパブー短篇第2弾。女性一人称での、時間とか恋愛とかパンを踏んだ娘とかにまつわるお話です...

この本を開く

南点

2010年1月から6月にかけ鹿児島の地方紙・南日本新聞に掲載された文章を、1冊の電子書籍として公開します。全13回で、毎週水曜日に1本ずつ追加していく予定です。表紙デザインは音の響きと縁起の良い物とい...

この本を開く

嘘つきの甥

〈物語に書かれた英雄は正直者だが、現実の英雄は嘘をつく。おじさんが昔、そんなことを言っていた。おじさんは嘘つきだった。〉 作家・中山智幸のパブー短篇第1弾。電子書籍に初挑戦。カテゴリは純文だけど、そん...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。