twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

志あるを要す

白川某という老人は漢字の研究者であるらしかった。心当たりがあった。恐らく『孔子伝』の白川静であった。

この本を開く

輝くために必要なもの―水野美紀の場合 

輝くために必要なもの―水野美紀の場合 

この本を開く

我は形骸に過ぎず、故に自ら処決し形骸を断ず

我は形骸に過ぎず、故に自ら処決し形骸を断ず

この本を開く

なんか面白いこと

「何か面白い事は無いかねえ」という言葉は不吉な言葉だ。

この本を開く

「出自・朝鮮半島」は汚点なのか

プロ野球史上最高の投手と言って過言ではない金田正一の訃報は、日本では朝鮮半島に出自を持つことが隠されるべき情報であることを改めて広く知らしめてくれた。

この本を開く

あるのは国境ではなく損得勘定だ

「ゴルフには韓日の国境なし、あるのは実力だけ」と宣いはするが……、

この本を開く

六回連続「監督長嶋論」のうち、前書きと目次

監督長島は、選手長島時代には稀であった体験をした。有象無象からあらぬ言いがかりを付けられ、好き勝手な罵詈雑言を浴びせられたのである。

この本を開く

長島(1) 弁明の伏線

1998年4月3日、開幕試合となるヤクルト対巨人戦、八回表、先頭打者高橋が死球で出塁する。フジテレビの解説者、江本の発言は、「杉山にバント、打撃のいい桑田に期待すべき」、であった。

この本を開く

長島(2) 満天の星

満天の星に思うところあるかと問われ、思うところ無し、とある人は応えた。

この本を開く

長島(3) 唯我独尊、長嶋茂雄の世界

「長嶋さん、やっぱりアナタは宇宙人スタイルが似合っている。唯我独尊、長嶋茂雄の世界。」
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。