twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

いっぱいのことを教わっています

オーストラリア人の考え方、アメリカやカナダでの体験、そして、イギリスでの思索は、私に多くの影響を与えていると思います。その影響を文章にまとめてみました。

この本を開く

秋葉原のハゲ頭

私の周りで起こる出来事、そこから派生して沸き起こる思い、それらを文章に認めました。私のブログ、『つくばの街であれこれ』で、多くの方のアクセスを得たものです。

この本を開く

雑種文化の国から

何の力がないからこそ、世界を考えるのです。言葉を紡ぐのです。自分の国を見つめ、世界を見つめるのです。その行為が、必ず、活動・行動を引き起こすことを信じています。そのために、私は、真剣に物事に対して、書...

この本を開く

あぁ、亀になりたい

世の中を見ていくと、時に、真実に遭遇した時のような興奮状態に置かれる時があります。日常の中の、なんということもない出来事の中に、これだ!と思う時です。自分の周りの出来事を振り買った時に、冬眠する亀をみ...

この本を開く

大人になればわかるよ

時代が着実に動いています。アメリカが率先して動いているということは、世界が変わることを意味しています。よくなるのか、そうでないのかはわかりません。人知の推し量ることのできない、歴史的な動きが、私たちを...

この本を開く

私はどこへ行こうとしているのか

現代は、めまぐるしく動いていきます。ちょっと、油断すると、人は時代に取り残されていく、そんな思いを致すことがままあります。この作品は、そんな現代の動きを写し取ったものです。

この本を開く

nkgwhiro 短編集

ちょっと先の「未来」に思いをいたすことは、青年だけの特権ではありません。この世で暮らすことも指折り数えられる年代においても、いたすことができるのです。そんなちょっと先の「未来」のことを読んで見てくださ...

この本を開く

漱石のテスト

次代を担う青年の姿はいつも美しいものです。果敢に、目的に向かってチャレンジするその有りようこそ、人類が前進する大きなエネルギーです。そうした青年たちに注目しながら、世の中の動き、ちょっと先の未来を想っ...

この本を開く

冬の月

2016年末から2017年にかけて、『つくばの街で あれこれ』で発表した随想文7編です。李白・二条河原の落書・落語の「かつぎや」・方丈記などから感化を受けた年の瀬でした。そこから、得た思いが、いくつか...

この本を開く

申酉騒ぐ

2017年。世界は、戦後70有余年を経て、大きく変化する兆しを見せています。表題作『申酉騒ぐ』は、日本を取り巻く政治状況を。『大人の対応』は、世界の安定に必要なグローバリズムとアイデンティティーについ...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。