twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

私はどこへ行こうとしているのか

現代は、めまぐるしく動いていきます。ちょっと、油断すると、人は時代に取り残されていく、そんな思いを致すことがままあります。この作品は、そんな現代の動きを写し取ったものです。

この本を開く

nkgwhiro 短編集

ちょっと先の「未来」に思いをいたすことは、青年だけの特権ではありません。この世で暮らすことも指折り数えられる年代においても、いたすことができるのです。そんなちょっと先の「未来」のことを読んで見てくださ...

この本を開く

漱石のテスト

次代を担う青年の姿はいつも美しいものです。果敢に、目的に向かってチャレンジするその有りようこそ、人類が前進する大きなエネルギーです。そうした青年たちに注目しながら、世の中の動き、ちょっと先の未来を想っ...

この本を開く

冬の月

2016年末から2017年にかけて、『つくばの街で あれこれ』で発表した随想文7編です。李白・二条河原の落書・落語の「かつぎや」・方丈記などから感化を受けた年の瀬でした。そこから、得た思いが、いくつか...

この本を開く

申酉騒ぐ

2017年。世界は、戦後70有余年を経て、大きく変化する兆しを見せています。表題作『申酉騒ぐ』は、日本を取り巻く政治状況を。『大人の対応』は、世界の安定に必要なグローバリズムとアイデンティティーについ...

この本を開く

ネットの海を漕いで漕いで

ネット世界の可能性について言及します。

この本を開く

イマジン

「思う」ことは、人誰しも行える行為です。その「思う」行為を。四つの作品にまとめてみました。

この本を開く

笑顔の学校

『偏差値が日本の教育をダメにする』は、少子化の中で、今後の日本の教育はいかにあるべきかを提言したものです。『団欒を取り戻せ!』は、少子高齢化で変容をし続ける日本の家庭のあり方について考察しました。『責...

この本を開く

憎しみに浸ることの愚かさよ

表題作のほか、『人たらしはウラジーミルが一枚上』『絶妙の「間合い」』『世の中にあるすべては倦んでいく』『一歩踏み出すことの怖さを乗り越えた時に』『你的名字!』『事実は小説よりも奇なりと申しますが、実に...

この本を開く

困難あってこそ

歴史は、今も、まさにこの瞬間に、作られています。歴史の只中でうごめく人、その端をさっと横切っていくもの、あるいは、歴史のはざまを縫うように歩むものなど、その形は様々にあります。そうした歴史のあり方を捉...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。