twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

夢見が丘のりる

「なんかわからないけど博士がくれた」夢見が丘小学校の5年生「有栖川りる」は風変わりな研究所の住人「桐森博士」とお友達。博士の作る数々の発明品がりるの日常に彩りを加える。2018年1月よりtwitter...

試し読みを開く

創作同人電子書籍のススメ  創作同人電子書籍の現状2018年初頭

「創作同人の電子書籍配信はこんな状況です」創作ジャンルの同人誌が出版社の出す本と同じ土俵に進出できる現在の電子書籍市場。その現況と電子書籍配信に関わるノウハウを電子書籍ストア擬人化少女キャラたちが解説...

試し読みを開く

怪盗ボニーは日常系

「理屈じゃないよ。ボニーだよ。」 幼女怪盗(?)ボニーとその相方のクロード。彼らの行く手を阻むものはない。謎の怪盗たちを大小3編のエピソードで描く漫画オムニバス。 2017年11月のCOMITIA12...

試し読みを開く

漫画の先生ep6.

「イベント当日はイベントが最重要」『コミトピア』にサークルとして常連で参加の美晴…予想外の事態が起きないよう万全の体制でイベント当日を迎えるが。高校で漫画を教える非常勤講師:響美晴の日常を描くシリーズ...

試し読みを開く

蜘蛛の糸リゾート

「旅のおともにはクモ型ロボット」「水」と「空気」と「光エネルギー」であらゆる製品を有機合成可能なクモ型ユニット。これを一体携えてリゾート先に出かけた少女は…。手のひらサイズのロボットで展開するファンタ...

試し読みを開く

でもくらの糸場4

「なんじゃ?糸場の風呂を見るのは初めてか?」 大正9年の「糸場」での少女たちの日常を描くコメディ漫画シリーズ第4弾。2017年2月12日のCOMITIA120にて「まるちぷるCAFE」より発行の自主出...

試し読みを開く

でもくらちゃんbook4

「いくつになってものこの12人は12人。」 三つ子4組で総勢12人の群体少女たち。彼女らはそのまま明日へと駆け出す。2006年〜12年にかけて「まるちぷるCAFE」より発行の自費出版誌を中心にまとめた...

試し読みを開く

閉塞通信2

「車内は女子高生たちに占領された。」 2063年の第2リニア東海道線の満員列車内での問題に車内保全係員の栞くんと秋吉さんが乗り出す。「コミュにケーション」をテーマに描くドタバタSF活劇の第2弾。201...

試し読みを開く

でもくらちゃん book3

「個性がないのが最大の個性」三つ子4組で総勢12人。しかし、その魂はひとつ。12人だから織りなせる光景がある。2003年〜05年にかけて「まるちぷるCAFE」より発行の自費出版誌を中心にまとめたシリー...

試し読みを開く

創作同人電子書籍のススメ COMITIA117紙&電子同時発行企画顛末記

「COMITIA117の電子書籍企画はこうなりました」8月21日に開催のCOMITIA117で実施された「紙&電子同時発行」企画。その発起人「なかせよしみ」が「電子書籍ストア擬人化キャラ」とともに振り...
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。