twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

竜馬外伝 i43 陸奥宗光の秘密の章

天皇の前で公武が合議する体制で日本は動き出した。その裏側に島津久光があって、中川宮に対抗する人物を担ぎ出す。薩摩憎しの長州藩は再び事件を起こし、薩摩藩を追い込む。徳川幕府も薩摩を危険視していた。京で情...

この本を開く

竜馬外伝 i42 京の賢侯政体の章

京が日本の中心になった。そこから長州ら尊王攘夷派が遠ざけられ、京は幕府と朝廷の協力体制、つまり公武合体が日本の基本方針になったのだった。そこに賢侯が集められ、彼等は新たな権力を得る。背後で操るのは島津...

試し読みを開く

竜馬外伝 i41 勤王党の獄の章

朝廷を牛耳り操っていた尊王攘夷派公家と長州藩が京から追放された。代わって入京する薩摩藩。島津久光と松平春嶽は賢侯による合議制を推し進める事で意見の一致を見る。勝海舟はその実現に向けて竜馬と共に奔走し、...

試し読みを開く

竜馬外伝 i40 天誅組の変、そして京の政変・長州追放の章

京は尊王攘夷の浪士浪人が溢れていた。その勢いで天皇を動かして倒幕を企てる長州、そして志士と過激公家。越前、薩摩の動きを探りつつ、暗躍する異国の動きにも目を配る竜馬。彼は日本の未来のために命のやり取りを...

試し読みを開く

竜馬外伝 i39 薩英戦争と朝陽丸事件の章

薩摩・鹿児島にイギリス艦隊が現れ、開戦となった。しかしその一戦には重大な秘密が隠されていたのである。日本歴史の大きな分岐点となる重要な事件である。薩摩はどうなるのか・・・。幕府は、朝廷は。そして天皇は...

試し読みを開く

竜馬外伝 i38 日本を洗濯いたし申し候の章

竜馬は気付いていた、元凶は武士の心を失った幕府にあると。そして攘夷に命を懸ける長州藩の志を褒め称え、越前福井藩に松平春嶽の唱える改革を急ぐよう要請する。その一方では天皇が長州の行き過ぎた行動を嫌い、会...

試し読みを開く

竜馬外伝 i37 高杉晋作の長州奇兵隊の章

海峡封鎖と外国船砲撃を繰り返していた長州藩の前に、報復の欧米軍艦が現れ、追い込まれる長州は隠遁中の高杉晋作を呼び寄せた・・・。将軍家茂は京を離れ、江戸の幕閣は欧米に擦り寄る。竜馬はそんな徳川幕府に怒り...

試し読みを開く

竜馬外伝 i36 老中率兵上京と海舟暗殺計画の章

老中・小笠原率いる幕府軍の大勢力が遂に大坂へと上陸した。そのまま京を武力制圧してしまうのか、一体誰が陰で操っているのか・・・。一方、海軍塾でも事件が起こる。水戸浪士に命を狙われる海舟と竜馬はどう切り抜...

試し読みを開く

竜馬外伝 i35 日本共和制計画の章

福井を離れた竜馬は京に入り、操練所開設に協力的だった公家・姉小路が殺害された事を知った。真犯人は土佐で姿を消した仲間なのか。その頃、海峡封鎖した長州藩は見境いなく外国船を砲撃し、アメリカが報復に動く。...

試し読みを開く

竜馬外伝 i34 攘夷開戦の章

生麦事件の賠償交渉を巡ってイギリス艦隊が攻撃態勢を整える。緊張が高まる江戸の町。・・・一方、攘夷期限を迎えた関門海峡では長州藩がアメリカ商船に砲撃を開始。竜馬は海軍操練所の設立に向けて福井に向かってい...
« 前のページ 1 2 3 4 5
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。