twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

幼子の親としての原発事故

自分には想像に難しい、もっと厳しい状況の人も多い現実ですが、今後一日も早く、多くの人が安心して安全な状態を築けるように、自分の第一歩として綴らせていただきました。
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。