twitterアカウントでログイン

お気に入りの本

この本を開く

頭を打ったのは七つのときだった

〈アインシュタインは時間の流れも人それぞれと見抜いたけど、実際のところ、なにもかもが人それぞれだ。〉  中山智幸のパブー短篇第2弾。女性一人称での、時間とか恋愛とかパンを踏んだ娘とかにまつわるお話です...

この本を開く

屹立せり original

茨城県龍ケ崎市と千葉を結ぶ新道路敷設にかかわる地盤強化工事。稲刈り間近の水田地帯にそそり立つ杙打ち機を中心に、そしてただそれだけの風景を撮影した。『屹立せり/HDRによる重機の風景』のオリジナル版です...
« 前のページ 1 次のページ »