twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

記憶・第3巻

完全に断絶した、彼との関係。それ以来、私は落ちぶれ転落の一途を辿った。薬物中毒、そして放浪。遂には長年暮らした町を離れることになる。

この本を開く

記憶・第2巻

第1巻の続き。福岡である大学生と知り合い、別れながらも再び付き合うようになった。が、彼が社会人になり転勤になる。その行く末には、最悪の事態が待っていた。

この本を開く

【2017-02-17】記憶・第1巻

かつて遡ること20年程前。新しい土地で一人の青年と出会ったことが、互いの人生を揺り動かすことになった。夢によって蘇ったこの記憶を、書き記しておきたいと思う。
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。