twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

意訳「枝幸砂金論」

北海道枝幸地方は明治30年代ゴールドラッシュに沸いた地である。工学士西尾銈次郎は枝幸砂金地の状況を見分し、明治35年枝幸砂金論を著した。枝幸砂金論は現代にも通じる名著であるが、専門書であると共に、漢字...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。