twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

風狂(2017年3月号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東...

この本を開く

風狂(2017年2月号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

風狂(2017年1月号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

思想と年齢(上)

 フランスの哲学者アランALAIN(1868-1951)が、1927年9月20日にN.R.F.(フランス新評論社)から全二巻本として刊行した『思想と年齢』LES IDÉES ET LES AGES の...

この本を開く

風狂(2016年12月号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

風狂(2016年11月号)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

パープル(第49号)

 平成8年(1996年)6月創刊の高村昌憲個人誌である。第39号までは紙媒体の小冊子で、詩や評論・エッセイなどを掲載して年2回発行していたが、第40号(2012年5月)からはパブーの電子書籍として同じ...

この本を開く

風狂(2016年10月版)

 「風狂の会」は1994年(平成6年)頃に、自然発生的に生まれた。但し、前身になった集まりは幾つかある。最も主要なものを遡及すると、現代詩の公器と言われていた月刊雑誌「詩学」で作品指導を行っていた「東...

この本を開く

家族感情

 この翻訳は、フランスの哲学者アラン(1868-1951)が1927年に刊行した「家族感情」Alain, LES SENTIMENTS FAMILIAUX の全訳である。テキストとしては、Alain,...

この本を開く

わが思索のあと(下)

 フランスの哲学者アラン(1868-1951)が、1936年に刊行した思想的自伝の翻訳(全三巻)である。テキストとしては、Alain, Les arts et les dieux (Bibliothè...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。