twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

デリー旅の思い出

 30年前、はじめて行った海外旅行が1週間のインドだった。 たった1週間のインド旅行を、200ページ以上、挿し絵もほぼ毎ページに描いたというその旅行記は、作者本人でさえ読み返すのが難儀なほどの分量とな...

この本を開く

なにわのDOちゃんハノイへ行く(続ホーチミン善哉)挿し絵付き改訂版を執筆中

以前連載で好評のベトナム紀行文に挿し絵をつけて製作中のお知らせ

試し読みを開く

町はずれの神社(祝ボブディラン、ノーベル賞記念)

ライブハウスの帰り、町はずれにある、くたびれた神社に立ち寄った新一郎。そこに戯れにお参りしてから、お金のない新一郎に、金運がつき始める。そして、‥

この本を開く

なにわ七夕伝説

 大阪の北のはずれ、交野(かたの)、枚方(ひらかた)は、昔から七夕伝説発祥の地と言われる。 ある貧しい中年男が、工場をリストラにあい、さまよい歩いていたら、たまたま七夕にちなんだ神社の前に来ていた。も...

この本を開く

【2016-11-26】なにわのドーちゃんハノイへ行く(続ホーチミン善哉)

ホーチミン善哉の、続編。 足の手術をして退院後、自宅療養中の「私」に、妻は、仕事が休めている今しかないと、妻の故郷への法事行きを勧める。しかし松葉杖か、人の肩を借りないとろくに歩行もままならない。妻は...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2016-11-20】なにわのドーちゃんハノイへ行く(続ホーチミン善哉)

ホーチミン善哉の、続編。 足の手術をして退院後、自宅療養中の「私」に、妻は、仕事が休めている今しかないと、妻の故郷への法事行きを勧める。しかし松葉杖か、人の肩を借りないとろくに歩行もままならない。妻は...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2016-11-03】なにわのドーちゃんハノイへ行く(続ホーチミン善哉)

ホーチミン善哉の、続編。 足の手術をして退院後、自宅療養中の「私」に、妻は、仕事が休めている今しかないと、妻の故郷への法事行きを勧める。しかし松葉杖か、人の肩を借りないとろくに歩行もままならない。妻は...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2016-10-27】なにわのドーちゃんハノイへ行く(続ホーチミン善哉)

ホーチミン善哉の、続編。 足の手術をして退院後、自宅療養中の「私」に、妻は、仕事が休めている今しかないと、妻の故郷への法事行きを勧める。しかし松葉杖か、人の肩を借りないとろくに歩行もままならない。妻は...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2016-10-20】なにわのドーちゃんハノイへ行く(続ホーチミン善哉)

ホーチミン善哉の、続編。 足の手術をして退院後、自宅療養中の「私」に、妻は、仕事が休めている今しかないと、妻の故郷への法事行きを勧める。しかし松葉杖か、人の肩を借りないとろくに歩行もままならない。妻は...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

【2016-10-06】なにわのドーちゃんハノイへ行く(続ホーチミン善哉)

ホーチミン善哉の、続編。 足の手術をして退院後、自宅療養中の「私」に、妻は、仕事が休めている今しかないと、妻の故郷への法事行きを勧める。しかし松葉杖か、人の肩を借りないとろくに歩行もままならない。妻は...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。