twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

俳句の革命はこうして起こった!

荻原井泉水が「層雲」を創刊したのが明治44年、河東碧梧桐が「海紅」を創刊、中塚一碧楼がそれを手伝うのが大正4年である。ここに自由律俳句の二大雑誌が発行され、現在も人気のある放哉、山頭火の自由律俳句が生...

試し読みを開く

野良第一句集

平成20年、50歳から始めた写真俳句が溜まったので、平成23年までの約500句をまとめました。

この本を開く

笠井信一の済世顧問制度

笠井信一氏が約100年前に構想した済世顧問制度をまとめてみました。原本は「阪神社会事業概観」と「笠井明府頌徳誌」です。

この本を開く

留岡幸助の家庭学校

岡山県出身の社会事業家、留岡幸助の「家庭学校回十年」明治四十二年と「不良少年の発生と教育」大正四十二年をまとめました。

この本を開く

片山潜のキングスレー館

岡山県出身の社会改良事業家、片山潜の「自叙伝」大正十一年より「キングスレー館」を中心にまとめました。

この本を開く

石井十次の思想と祈り

岡山孤児院を創設した石井十次の日誌には、神への祈りと感謝が書き綴られています。石井記念協会編「石井十次氏日誌抄(年譜付)」に竹中勝男著「石井十次とその孤児教育思想」をまとめました。無制限収容をとった岡...

この本を開く

日常生活の宗教、禁酒の勧め、復活の人

岡山県出身のキリスト教社会事業家である山室軍平の三著作「日常生活の宗教」「禁酒の勧め」「復活の人」を読みやすいように、抜粋・要約・編集しました。

この本を開く

前科者は、ナゼ、又、行るか。

更生保護の父と言われる原胤昭(はら・たねあき)の「前科者は、ナゼ、又、行るか」(昭和八年六月発行)を要約・編集しました。激動の、江戸から明治へ 元与力が語る更生の物語です。

試し読みを開く

デイサービスで五七五

デイサービスで使える新しいレクリエーション俳句や川柳より簡単な冠句(かんく)作りと、楽しい句会の開き方福祉・介護職員必携
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。