twitterアカウントでログイン

お気に入りの本

この本を開く

日本文学英訳化計画『夢野久作:白菊(16)』

英訳文を修正しました(2018年9月3日改訂)夢野久作の掌編小説を絵本にしました.英語に翻訳しております.

この本を開く

くだもの絵本

赤ちゃんむけの果物の絵本。漢字が大好きな息子のために、カラフルな漢字を大きく入れました。

この本を開く

ブラックジャックによろしく 第1巻

「医者って一体、なんなんだ?」超一流の永禄大学附属病院の研修医・斉藤英二郎、月収わずか3万8千円。同大学医学部卒業から3ヶ月にして、初めて一人で患者を受け持つことになる。研修医・斉藤は理想とかけ離れた...

この本を開く

手品師たち

〈最後の日、寛司が披露した手品は、一〇枚の写真だった。観客であるはずの僕も指名を受けて舞台に引っ張り上げられた。〉 中山智幸のパブー短篇第3弾。ある男性と義理の弟の、交わるような、交わらないような時間...

この本を開く

フリースタイルな僧侶達のフリーマガジン vol.1

次の時代の仏教のために チベット人 元僧侶に聞く 夏だ!お寺だ!カラダの智慧を学ぼう! 宗教リテラシーの必要性  ヘルシー精進レシピ「ラタトゥイユ」 仏教の未来に挑戦する情報誌若手僧侶やクリエイターが...

試し読みを開く

いっついのはね

右と左、二枚そろってはじめて空が飛べるのに、神さまったら気まぐれです。いっついの羽をふたりで分けることになった、天使とペガサスの物語。

この本を開く

ピアノ弾き、Toru=Y.Gの詩集です。

この本を開く

見える人

幼いころから賢こいと言われて育った男の物語。ある日を境に、彼の人生は変わった。

この本を開く

おつきさまにおいで

おつきさまってどんなとこかなめをつむって夜空を見上げたら流れ星に乗っておつきさまにあそびにいけるかもしれないよ

この本を開く

ぺぺんぎんぎん

雪の日のぺんぎんくんです。何が出来るかな?
« 前のページ 1 2 3