twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

紺屋(こうや)の娘

もしも、この娘さんが生きていたならば、私は生まれなかったかもしれません。 ほりひとみ

この本を開く

我が家の御姫様たち

私には沢山の子供達がいます。このかわいらしい沢山の子供達をみてください。沢山の写真を見回してみると、どこかしこに出て来る動物達。今回はそんな動物達にスポットをあててみました。

この本を開く

大谷家の没落

まだ、親が結婚を決める時代であった頃、この二人は大恋愛で一緒になった。数々の困難を経て、戦争も乗り越え、七人の子供を育て上げた二人の物語です。(表紙の写真について・二人の子供達は、この写真が最初のデー...

この本を開く

昭和の初期の写真集 6.ありがとう御先祖様編

私の両親と更にその両親の写真と家です。住んでいたのは随分とあばら家だったけれどとても幸せでした。感謝の気持ちをこめて送る写真集、第6弾です。

この本を開く

昭和の初期の写真集 5.

雑誌の電子書籍の特集記事を読んでいたら、何と私の作品に関するお話が取り上げられていたので驚きました。週刊ダイヤモンドさん、誠に有難うございました。写真集もいよいよ5作目となります。今回も懐かしい写真を...

この本を開く

昭和の初期の写真集 ~4.教えて下さい皆様編~

写真集を開いていただき誠に有難うございます。おかげさまで写真集も第4弾となりました。古い写真の中には「多分あの場所だと思うのだけど、一体本当は何処なのだろう?」というものも多々あり、私一人では答えに辿...

この本を開く

コメディ  母ちゃんのかかと

仲良しで可愛かったみっちゃんと正三も、いつの間にか昔のみっちゃんのような可愛い子供をもつ親になり、だんだん年を取ってきた。その2人の布団の中でのたわいないお話です。さて、母ちゃんの「かかと」はどんな風...

この本を開く

昭和の初期の写真集 3.家族編2

昭和の初期の頃の懐かしい風景をとらえた写真集、第3弾です。パソコンを通じて残すことができた写真のセピア色の魅力をお楽しみ下さい。きょうだいは全員で7人になりました。けんかばかりしておりましたが、今は懐...

この本を開く

火の玉が飛んだ。

おばさんとまっちゃんは、私達と一緒に暮らしていたが、あるとき、親娘二人で暮らしたいとうちを出て行った。その後、肝臓を悪くして黄疸になり、暫く患っていたが、まっちゃんが、震えて裸足でうちへ駆け込んできた...

この本を開く

昭和の初期の写真集 2.街の風景編

昭和の初期の写真集 家族編に続く写真集第2弾です。前回の家族編は大変多くの方に御読みいただき大変嬉しく思っています。もとはといえば色あせてしまうのを防ぐ為にパソコンに取り込み始めた写真だったのですが、...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。