twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

暗黒の欠片 vol.8 怪

創作怪談。あるサイトに投稿しましたがボツになってしまったようです。自分としては、ソコソコな出来だと思ったのですが…。1200字以内の短編です。

この本を開く

暗黒の欠片 vol.7

ホラー短編。沼の一軒家に住む男が知る、怪物の正体とは?今回は、洋風です。観たことないけれど、『悪魔の沼』の伯爵版!?

この本を開く

暗黒の欠片 vol.6 丑の刻

裏切られた女性が頼ったものは?和風のホラー短編。

この本を開く

暗黒の欠片 vol.5

暗黒の遺跡ルジェンダより発掘された恐怖の詩。超短編です。ヘビメタの歌詞風余韻仕立て

この本を開く

暗黒の欠片 vol.4 旧友

欠番にしていた第4作目。暗黒の欠片シリーズの代表作?『私』がホラー小説を書くきっかけは、ある人物との出逢いだった。時を経て、意外な事実が明らかになるが……。

この本を開く

暗黒の欠片 vol.3

ホラー短編。都会での成功を夢見た女性が遭遇する怪奇譚。ルチオ・フルチ監督のホラー映画にインスパイアされ、和風テイストに仕上げました。僅かにスプラッター入っています。予定よりボリュームUPになってしまい...

この本を開く

暗黒の欠片 vol.2

クリーチャー題材の感覚ホラー短編。B級ホラー映画のテイストを目指しています。今回は、下水道に潜むクリーチャーの話。1作目とは、雰囲気変えています。

この本を開く

暗黒の欠片 VOL.1

特にクリーチャーや異形のモノを題材としたホラー短編。和・洋の両ジャンルに挑戦していきます。Webを考慮し、できるだけ簡潔にしました。VOL.1は、民話を題材にした和テイストの短編。かなり感覚的に仕上げ...

この本を開く

伝奇ブラン 第1巻 摩陀羅の牢

伝奇ホラー短編。思いついたまま書いた試作品。本編はグロテスクな表現が含まれております。
1 2 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。