twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

ブラッディメアリー 4 flashback ~振り出しに戻る

海の家の奇妙な女が僕の婚約者のことを知っていた。これから長い長い告白が始まる。衝撃の事実に僕はタエラレルノカ?

この本を開く

ブラッディメアリー 3

海の家の奇妙な女から発せられた僕の彼女に関する驚愕の事実!僕のメンタルはもうぎりぎりだ。この先を聞きたいが、聞いては後悔するような心持ちである。いよいよ女の告白が始まる・・・。

この本を開く

ブラッディメアリー 2

海の家の奇妙な女と出会い、その彼女から行方不明になった婚約者の秘密を知らされ、愕然となった僕。あまりに恐ろしい事実をつきつけられ、意識を失った。それは真実(まこと)か幻か?

この本を開く

ブラッディメアリー

突然、僕の婚約者が行方不明になった。彼女を捜して、とある海沿いの町にやって来た。浜辺にあった海の家。そこで奇妙な女と出会う。どうやらその女が僕の彼女の秘密を知っているようだった。
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。