twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

文豪への道 日々精進2

なんとなく、書いてみた。夢は、文豪。『けろ文学』の構築と普及を目指し、苦闘する日々を綴ってみた。

この本を開く

電子書籍化なぅ!

電気書籍化の軌跡をまとめてみた。

この本を開く

千早ふる

ちはやふる~この機に乗じて、あたしもひとつのかってみた。

試し読みを開く

反逆者たち

冴えない中年高校教師葛岡。生徒達からは『くず公』と呼ばれている。彼の唯一の楽しみが、一流校入試問題の板書だ。どうせ誰一人解けやしないと高を括って。

試し読みを開く

人形師の館 死化粧

娘を映した人形を作ってほしいと依頼があった。お葬式に使うというのだ。

試し読みを開く

古物語Ⅱ  二の姫

とある神社に伝わる門外不出の伝説。一部、ぐろい表現が含まれていおります。時節柄、フラッシュバック等、身に危険を感じたら読むのを中止して下さい。勝手ながら、自己判断願いします。

試し読みを開く

古物語Ⅰ  しらへび姫

とある神社に伝わる、白蛇伝説と俸刀『白蛇道理』の由来。

試し読みを開く

悪魔の顧客名簿

生まれ変わるとしたら、何に変わりたい?猫ってご気楽な感じ。まして、お金持ちの猫ちゃんとなると、さぞかし楽そう。そんなわけで、金持ちんちの猫になってみた。そしたらどうだろう・・・・・・とんでもないことに...

この本を開く

井の中のかえる

蛙と猫の心温まる友情の物語。(=^・^=)そにゃの?

試し読みを開く

麗しのかえる姫

殿様蛙のご自慢は、蟇蛙の若き指揮官。100の毒矢を放つという。魔法使いは、その蟇蛙が欲しくて欲しくてたまらい。ある日、殿様蛙が恋をする。相手は、100の月を集めた美しい乙女。乙女は、遠い国から魔法使い...
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。