twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

チッピイの想い出

平凡な家族の平穏な生活に波風を立てたのは、長女俊子の婚約の告白。愛猫チッピイと弟の浩の目を通して、そんな家族を追います。家族を振り返りながらも、やがて進むチッピイの老い、兄となる人の出会い、姉の結婚。...

この本を開く

反逆児アトラス/アトランティス戦記 第一部:運命の若者たち

 現代にアトランティスとして伝説に残る王国があった。9つの王国が長らく覇権を目指して争っていたが、戦乱で疲弊した彼らは、彼らが信仰する真理の女神ルミリアの元、リシャードという宗教国家を作り上げて、その...

この本を開く

瓢箪から駒 ~約束の土地:イスラエル失われた支族~

 イスラエルの失われた10支族が古代の日本にやってきて、日本人と日本文化の祖をなしたというのが日ユ同祖論。この物語はその時期より少し後、六世紀末の日本に、支族の一つがたどり着いたことから始まります。灼...

この本を開く

帽子の週末

第一回藤本義一文学賞の落選作です。公募のお題が「帽子」でした。近所の公園のベンチに一人で佇んでいたおばあちゃんを見てイメージがふくらんだ作品です。

この本を開く

おかえりなさい、エミリア

従来のSFではない理系文学。そんなコンテスト星新一賞の落選作です。近未来の父と娘と育児ロボットのエミリアの関係をハラハラドキドキの中にもハートフルに描いた短編小説です。

この本を開く

アスカ物語 ~夢のかけら~

火星に進出した人類は、この大地で子どもや孫を育みました。火星にやって来てこの街や社会を作り上げた老人たちは、そっと夜空を見上げて自分たちの故郷を思います。火星で生まれ育ったアラン少年はそんな老人たちを...

この本を開く

アスカ物語 ~アスカ誕生~

現在から250年を経た未来。人類は火星に街を築き、子どもを育てています。ただ、遙か距離を経て生活する人々には地球の人類と別の価値観が生じていました。火星市民は自分たちは何者かと模索しながら生きる人々で...

この本を開く

地球が歌う ~深海1600mの愛~

「これは地球の感情」彼女たちはそう信じた。近未来。各国が本格的に海洋資源探査に乗り出す中、沖縄海溝の東の1600メートルの深海に海洋探査の試験用に運用される海底基地「ニライカナイ」があった。深海探査船...

この本を開く

アスカ物語 ~赤い大地のレスキュー~

 「これが、人が人でいるための本能なら、背負ってみせるわ」彼女はそういいきった。地球時間で5年前に始まった火星独立闘争は火星解放軍が不利な状況で推移し、勢力を増した連邦軍勢力は地球の衛星軌道から運んで...

この本を開く

瓢箪から駒 ~悲翔 : 偽りと真実の母子~

「お母さん、ありがとう」優しい別れの時を迎えます。アパートの管理人をしている祖父に育てられている幼児がいました。ある日、不思議な女が幼児の母親になりすましてアパートに住み着きます。母と子の幸せな生活が...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。