twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

痛みはうつの結果なのでしょうかーうつ病の治療により痛みを軽減させるより、痛み専用の治療の方が治療成績が優れている-

 うつ病と痛みが合併した場合あるいは痛みのみがある場合、うつ病あるいは抑うつの結果痛みが起こるという理論に基づいて痛みを治療すると、痛み専用の治療より治療成績が悪くなる。ノイロトロピン®やメジコン®な...

この本を開く

女性線維筋痛症患者におけるbody mass index別の症状の比較

線維筋痛症女性患者47人のBMIの平均値は22.6±4.4であった。低体重7人、標準体重29人、過体重7人、肥満4人であった。過体重と肥満の患者数が少ないため、過体重と肥満を一つの群にして低体重、標...

この本を開く

女性線維筋痛症患者のbody mass index

 女性線維筋痛症患者の平均年齢は45.2歳(12-83歳)であった。BMIの平均は22.6であった。BMI18.5未満の低体重は7人(14.9%)、18.5以上-25未満の標準体重が29人(61.7%...

この本を開く

Gender Differences in Patients with Fibromyalgia at the Initial Visit

AbstractsObjective: Gender differences in patients with fibromyalgia (FM) were investigated.Subjects...

この本を開く

13th World Congress on Painで線維筋痛症の一般演題を発表した者は線維筋痛症と筋筋膜性疼痛の関係をどのように考えているか

 2010年に開催された13th World Congress on Painにおいて線維筋痛症(FM)の一般演題を報告している者24人中、筋筋膜性疼痛(MPS)はFMの部分症状あるいは前段階であると...

この本を開く

Major part of pain is neuropathic pain

According to a hypothesis of central sensitization, long-term pain sensitizes central nervous system...

この本を開く

Focus on chronic regional pain and chronic widespread pain-Unification of disease names of chronic r

Chronic widespread pain (CWP) and chronic regional pain (CRP) are incomplete forms of fibromyalgi...

この本を開く

Physicians in the chronic pain field should participate in nosology and diagnostic criteria of medic

In fact, a diagnosis of medically unexplained pain (MUP) is quite confused. The most common caus...

この本を開く

線維筋痛症の診断基準の不備と誤った解釈

線維筋痛症には1990年基準、2010年の予備的診断基準(2010年基準)、2010年基準の改訂版(2011年基準)の三つの診断基準があるが、診断基準そのものの不備に加えて誤った解釈により混乱が生じ...

この本を開く

線維筋痛症とその不全型である慢性広範痛症/慢性局所痛症の治療成績の比較:2007年と2011年の結果の集計

線維筋痛症(FM)とその不全型である慢性広範痛症(CWP)/慢性局所痛症(CRP)に同一の治療を行うと、有効以上(P=0.9147)、著効以上(P=0.1639)、治癒の割合(P=0.0566)には...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。