twitterアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

亮二さんへ

先日ダウン症の従兄が亡くなりました。これは彼への最後の手紙です。よかったら読んでくださいませ。

この本を開く

創作落語 忘れもの

慌て者の母親がおりました。いえ、以前から忘れ物がひどかったのが母親になっただけなのですが。まあ、うまくしたもので、こういう親の子はしっかり育つものです。初めての落語、ちょっと読んでみてくださいませ。ち...

この本を開く

スコッチエッグ

母の日!美加子はパッとしないお母さんに、おしゃれなプレゼントをとあれこれ考えていましたそれはよかったのですが……昭和のお話です読んで下さいませ

この本を開く

リヤカー、駆けぬける

中学入学を控えていた、 あの春の日、僕は急に母の田舎へ行った。そこであったことを、なつかしく思い出すのだ。リヤカーが駆けぬけたあの日の話を聞いて下さい。

この本を開く

名前って…

世の中キラキラネームが氾濫しています。三十年前、和子は娘に「ゆう子」と名付けました。ゆう子はその名前が嫌で仕方がありません。はてさてどうなりますか。ちょっとお読みくださいませ

この本を開く

ねこ税

おしゃべり主婦五人ののティータイムです。なんかねこに税金がかけられるとか、いえ、もちろん飼い主にですけど。ありえないですよね、ちょっと聞いて下さいませ。

この本を開く

小さな駅のクリスマスツリー

街はきらびやかなイルミネーションまばゆく輝いていますこれは小さな町でのお話ですどうか読んで下さいませ

この本を開く

往復葉書

往復葉書ってご存知でしょうか?携帯電話はもちろん家に電話もなかった頃私妙子は考えたのです秋も深まりましたあっ孫が高校から帰って来たようです読んで下さいませね

この本を開く

由香、塾へ帰る

母由美子はなんと自宅で塾を開くという四年生の由美子は自分は関係ないと思っていたのに……ちょっと聞いて下さい

この本を開く

つとむさん

川田勉は、化学会社を定年退職して二ヶ月、どうにも時間をもてあましていた。その後のつとむさんの話し、聞いて下さいませ
« 前のページ 1 2 3 4
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。