twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

あらしにあこがれて

恐竜と人が暮らす世界に産業革命が訪れようとしていた。竜狩り都市ペネスの少年シルバは、小さな工房で新型の銃を造り出す。それが、その後の世界の歴史を変えてしまうとは露ほども知らずに。

この本を開く

鉄鎖の次王の恋

死神の帰還の続編です、が前作を読んでいなくても支障はありません。恐竜の存在する架空世界での、架空歴史小説です。死神の帰還が文明国であるシドを描いたお話で、この鉄鎖の次王の恋は蛮族国であるボルニアを描い...

この本を開く

黄金時代ver2014

黄金時代の行動パターンの考察です。

この本を開く

ハイウエイ

 僕は時速140キロで走っていた。 深夜の中央高速上。八王子を抜け、大月に向かう車中は暖かく、そして静かだった。「怖えよ。もう少し落とせよ、スピード」「前についていっているだけだぜ、そんなに出てるか?...

この本を開く

スミレ

バーチャルリアリティの未来的な進化はどうかを考えた。

この本を開く

震災ストレス解消法

この小説は、震災ストレス解消法として、寄付をオススメする内容です。寄付は義務ではないですが、ストレス解消法として大変効果がありますと書いています。

この本を開く

死神の帰還

 竜より鉄へ、そして蒸気へ。 産業革命前夜の商業国家シドに、傷だらけの死神が帰ってきた。 腐りきった国が迎える、亡国の危機。6000騎を超える竜の牙を前に、彼女はなにが出来るのか。 世界はどう動くのか...

この本を開く

旅する真葛 - カフェ・シャムロックの事件簿

 あるクリスマスを間近に控えた日。 常連が絶えないカフェ――シャムロックに新米古美術商、白河貴子がふらりと現れた。 重要な商談を目前に、ささやかな試練が彼女を待ち受ける。 名探偵のマスター、そして、し...

この本を開く

遠い時間

 夢を見た。 輪郭が明瞭な夢で、その危機感、その感覚が、鼓動となって残っていた。 目を開けて、緊張で硬直した手を確認する。 僅かに頭を捩らせて、天井の綿埃を眺める。 ようやく自分の居場所を知り、 私は...

この本を開く

報告書

 視界のきかない絶望的な闇夜。 無力感が、狭っ苦しい夜の全てに思えた。 何もかもを否定するような、暴走を始めた巨大な建造物のうなり声に、化学繊維のフードがびりびりと揺れる。雨の喧しさに混じって、第一級...
« 前のページ 1 2
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。