twitterアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

雨に傘 君に僕

その日は最高の日になるはずだった。なぜだ――。君は答えなかった。頭上の雨、冷たい足音、遠のく背中。空と僕の間に張った大きな鏡が、僕らの時を消していく。

試し読みを開く

ホワイト・ホール

その夜鳴らされたインターフォンが、男の繰り返される時間を繰り返されない時間に変えた。「会いたかった」彼女は言った。細い手足、ストンと落ちた長い髪、丸い目の奥で真っすぐ淀みなく輝く黒い瞳。想い続けてきた...
« 前のページ 1 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。