twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

試し読みを開く

ルナティック☆パノラマダイアリー 58

北朝鮮とアメリカの緊張が続いている、考えられることは、仮に開戦し合うことがあっても、あたふたすることはない、日本国がアメリカのイヌであるかぎり、日本人民も責任の一端はある、覚悟を決めて、愚かな管理者た...

試し読みを開く

午前三時半の珈琲ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅤ

密かに人気の小説「時々蝶のようにとまれたら」の著者 飛来はゆく がお届けする、三話連載型の世界エッセイ各ワードをテーマに掘り下げます

試し読みを開く

ルナティック☆パノラマダイアリー 57

潔さ、これが欠如しているのが日本の政治家たちだ、唯一、小池百合子嬢は健闘しているが、安倍にいたっては、思考が汚れてしまった、もう引退間近とみていい、このダイアリーは、潔さを持つ者たちと共有する、互いに...

試し読みを開く

午前三時半の珈琲 ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅣ

時々蝶のようにとまれたら の著者、飛来はゆくがお届けする、三話連載型世界エッセイ

試し読みを開く

ルナティック☆パノラマダイアリー 56

2020年東京オリンピックを境に日本経済は急落する、日銀が行っている異次元緩和、これは、政府が発行している国債を年間80兆円、買い続けている財政ファイナンスがメイン、これでは行き詰まるのは当然、超イン...

試し読みを開く

午前三時半の珈琲 ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅢ

秘かに人気の小説「時々蝶のようにとまれたら」の著者 飛来はゆく がお届けする 3話連載型世界エッセイ

試し読みを開く

ルナティック☆パノラマダイアリー 55

水が人には一番大切、それがわかっていれば、地下水が汚れた豊洲は論外、そんなことがわからなくなったのが人類、不幸にも、世界全体がその流れの真っ只中である、この日記は、不幸をどうすれば幸福に変えられるか、...

試し読みを開く

ルナティック☆パノラマダイアリー54

金正男が暗殺された、これにより恐怖政治が始まるとか、核ミサイルが東京に落とされるとかなどの情報が錯綜しているが、基本、悪い奴はどこにでもいる、有事の際にはサバイバル可能な生活を送る事が肝心、電力、ガス...

試し読みを開く

午前三時半の珈琲 ⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅩⅡ

秘かに人気の伝説の小説「時々蝶のようにとまれたら」の著者、飛来はゆくが遠くハワイのカウアイ島からお届けする三話連載型エッセイ

試し読みを開く

ルナティック☆パノラマダイアリー 53

安倍首相はアメリカ政府と断交する気はないのか、どうも腑に落ちない、いつまで、ポチ外交を続けるつもりなのか、この日記は将来どうあるべきか、どう生きたらいいか、愚痴をこぼさず生きるにはどうしたらいいのか、...
« 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。