twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

小ムハンマド

モロッコのマラケシュを訪れた日本人の旅行者「僕」が、ジャマ・エル・フナ広場で出会った少年は……。八千字ほどの旅行記風掌篇小説です。

この本を開く

昇降機小景

母と息子、エレベーター内でのワンシーン。悲しくもあり嬉しくもあり。

この本を開く

私家版‐上巻

独身サラリーマン篠田圭介の趣味は本の装幀。ある日、若い女性版画家から版画集の装幀を依頼される。彼女は肌の白さが際立つ寂しげな人妻だった。彼女の作品に惚れ込んだ篠田は、私家版の制作を引き受けるが、彼女の...

この本を開く

私家版‐中巻

日曜装幀家の篠田は、面倒な同僚の恋愛問題に巻き込まれながら、自分の人生と将来について考え始める。一方、篠田に装幀を依頼した生方真麻は、再び版画への情熱に目覚め、自分の過去と向き合う決心をする。本と版画...

試し読みを開く

私家版‐下巻

季節は冬に変わりクリスマスが近づく頃、ようやく真麻の版画は完成し、篠田へと手渡された。互いに惹かれ合いながらも、なかなか距離を縮めることが出来ない二人を繋ぐのは、篠田が作る二組の私家版だった。本と版画...

この本を開く

何処にも無い国の物語

全二十五話の掌篇の花束。「恋」「雅」「時」「獣」「闇」五つの章により構成。最終更新日2011年10月23日「虹」一話追加。これにて完成です。

この本を開く

夢違え 【白嘘物語より】

『話して下さい。始めから終わりまで、全部』 夜毎見る悪夢は自分の血まみれの顔。死の予感に怯える紗和子が訪ねたのは、不思議な力を持つ男、白零一(ツクモレイイチ)の事務所。働かない男、白零一が紗和子の運命...

この本を開く

長足王と長耳王 【白嘘物語より】

満月の夜、長足王と長耳王は力の有る者を探して山から街へ下りて来た。彼らに助力を乞われた男は一軒の古い屋敷に案内されるが、そこには若い男が一人で住んでいた。異能の男、白零一の一夜の物語。

この本を開く

犬と旅する男 【白嘘物語より】

一人の大学生が、帰省の列車の中で出会った犬と男の道行き。白零一出張編。

試し読みを開く

家へ帰ろう【二版】

陶器で作られたミニチュアの家に子ども達が帰ってくる、写真絵本の第二版。世界中の子供たちが、いつも平和な家と家族に守られて、幸せに暮らせますように。最終更新日:2011年10月17日 4軒追加 これにて...
« 前のページ 1 2 3
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。