twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

帰路 ―第ニ章 人寄せの音

時は唐の時代―女嫌いであるはずの白里(徳竜)は一人の少女を家に連れて帰り、父・白維に相談した所、白家で少女を保護することとなった。それに加えて、文字を書けるその少女の才に目を付け、様々な教養をつけさせ...

この本を開く

帰路―第一章 異国少女

時は唐の時代―長安の都は、諸外国との交流により栄えていた。そんな都から遠く離れた鄙びた済州に住まう一人の郷貢進士の青年が一人いた。彼の名前は白里。彼は、幼少の頃に受けた屈辱から、極度の女嫌いになってい...
1 2 3 4 5 6 7 8 次のページ »
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。