◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

作成した本

この本を開く

1-1 神幽衆の議

およそ900年前より、年に一度開催される日本全国の霊能者の会議”神幽衆の議”。異斬師の代表として出席した真魚は、そこで日本に起こっているとんでもない幽事を知ることとなる――。女装しないと霊術が使えない...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№10 就活についていくみなも

今年は尚哉最後の大学生の年。就職活動の一環で、東京に行くことになったのだが――?時折博多弁で繰り広げられるラブコメ四コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№9 料理するみなも

みなもがお昼寝していたところに、なおやがお腹が空いたと駄々をこねて――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

序章 数百年前の因縁

平安末期から続く霊能者の家系・佐伯家。その長男である佐伯優は、ある姿でないと霊術が使えなくて――女装しないと霊術が使えない男子高校生や、男の魂をもつ美少女など残念系霊能者たちの切なくて滑稽な物語!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

デカ目のみなも 増刊号

作者・春天が新作公開に向けて準備しているところに尚哉がみなもにあることを告げる――。連載漫画「デカ目のみなも」の増刊号!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№8 お花見するみなも

ある休日。みなもはなおやと昼寝をしていると、テレビで桜の特集が――。時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№7 異世界に飛ぶなおや

今回の主役は、みなものマイペース彼氏・なおや。彼は気が付くと、鎧を着て王様の前に立っていて――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№6 バイクに乗るみなも

2月に入り、寒さが肌に染み入るそんなころ。みなものスマートフォンに大量のメッセージが流れてくる。それは大学時代のバイク乗りの友人たちからのツーリングの誘いであったが――!?時折、博多弁で繰り広げられる...
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№5 旅行するみなも

ある休日。みなもは尚哉とともに昼寝をしていたが、突然外出を提案する。博多から日帰りできる観光地として広島を目指すことになったが――!?時折博多弁で繰り広げられる、不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する

この本を開く

№4 車を運転するみなも

お正月。みなもとなおやはそれぞれの実家で正月を過ごしていた。そんな折にみなもはふと、初詣のことを思い出し――!?時折、博多弁で繰り広げられる不思議であったかいラブコメ4コマ!
連載のバックナンバーは個別販売(購読)になります。 購読する
  • 本につけられたお気に入りの数です。
  • 本につけられたコメントの数です。
  • 本の価格です。